国際仏教学高等研究所 - 創価大学

Copy and paste this link to your website, so they can see this document directly without any plugins.



Keywords

2010:, Krsh, XVII, ARIRIAB, Version:, (2014),, 449–485, BHS., etc.;, Buddhist, University, from, Khan, Nasim, Sanskrit, Skt., Gāndhārī, 2011:, Research, Kharoṣṭhī, etc., vol., Manuscripts, Fragment, Library, with, Tib., Oriental, British, PLATES

Transcript

ISSN 1343-8980
創価大学
国際仏教学高等研究所
年 報
平成25年度
(第17号)
Annual Report
of The International Research Institute for Advanced Buddhology
at Soka University
for the Academic Year 2013
Volume XVII
創価大学・国際仏教学高等研究所
東 京・2014・八王子
The International Research Institute for Advanced Buddhology
Soka University
Tokyo・2014
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
創価大学・国際仏教学高等研究所・年報
平成25年度(第17号)
Annual Report of the International Research Institute for Advanced Buddhology
(ARIRIAB)
at Soka University for the Academic Year 2013
Vol. XVII (2014)
目 次/CONTENTS
#: paper written in Japanese.
● 研究報告 RESEARCH ARTICLES:
Harry FALK:
The first-century Copper-plates of Helagupta from Gandhāra hailing Maitreya 3
Richard SALOMON and Joseph MARINO:
Observations on the Deorkothar Inscriptions and Their Significance
for the Evaluation of Buddhist Historical Traditions 27
ANĀLAYO:
The Brahmajāla and the Early Buddhist Oral Tradition 41
Petra KIEFFER-PÜLZ:
Quotatives Indicating Quotations in Pāli Commentarial Literature, II: Quotatives with āha 61
Seishi KARASHIMA:
The Language of the Abhisamācārikā Dharmāḥ — The Oldest Buddhist Hybrid Sanskrit Text 77
Haiyan HU-VON HINÜBER:
Quotations from earlier Buddhist Texts in the Poṣadhavastu of the Mūlasarvāstivāda School 89
Noriyuki KUDO:
The Karmavibhaṅgopadeśa: A Transliteration of the Nepalese Manuscript A (6) 95
GUAN Di:
Three Sanskrit Fragments Preserved in Arthur M. Sackler Museum of Peking University 109
Seishi KARASHIMA:
New Research on the Buddhist Sanskrit Manuscripts from Central Asia 119
Akira YUYAMA:
Reviewing Rgs XIV 2 & 7: How One Can Rescue Oneself When Shipwrecked in the Ocean
With Some Reference to Haribhadra’s Commentary 129
Akira YUYAMA:
A Brief Revisit to Rgs XXII.6 Quoted by Candrakīrti in his Pras 147
Jonathan A. SILK:
Taking the Vimalakīrtinirdeśa Seriously 157
LI Xuezhu, Kazuo KANO and YE Shaoyong:
A Sanskrit folio of the Yuktiṣaṣṭikāvṛtti newly found in Tibet 189
LI Xuezhu:
Diplomatic Transcription of Newly Available Leaves from Asaṅga’s Abhidharmasamuccaya
— Folios 29, 33, 39, 43, 44 — 195
Michael RADICH:
On the Sources, Style and Authorship of Chapters of the Synoptic Suvarṇaprabhāsa-sūtra
T 644 Ascribed to Paramārtha (Part 1) 207
Peter SKILLING and SAERJI:
How the Buddhas of the Fortunate Aeon First Aspired to Awakening:
The pūrva-praṇidhānas of Buddhas 1–250 245
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
James B. APPLE:
Fragments and Phylogeny of the Tibetan Version of the Mañjuśrīvihārasūtra:
A Case Study in the Genealogy of Tibetan Kanjurs 293
DHAMMADINNĀ:
‘Mahāratnakūṭa’ Scriptures in Khotan: A quotation from the Samantamukhaparivarta
in the Book of Zambasta 337
DUAN Qing:
Puñadatta’s Contract of Sale of an Estate 349
Tatsushi TAMAI:
The Tocharian Karmavācanā 365
Tatsushi TAMAI:
Tocharian Syllabary with Uigur Explanations: M34.4 of the Mannerheim Collection
in Helsinki 395
Peter ZIEME:
Collecting of the Buddhist Scriptures: Notes on Old Uigur “annals” 401
Isao KURITA:
Gandhāran Art (Part 2) [57 figures] 423
Jonathan A. SILK:
Keeping Up With the Joneses: From William Jones to John James Jones 427
Akira YUYAMA:
Supplement to ‘A List of Writings with Brief Bibliographical Notes. Appendix: Curriculum Vitae
— A Succinct Autobiographical Record’, ARIRIAB, XVI: 2012 (2013), pp. 343-390:
Addenda et Corrigenda as of 1 January 2014 443
#辛嶋静志:
大乗仏教とガンダーラ──般若経・阿弥陀・観音── 449
#[Seishi KARASHIMA: Mahāyāna Buddhism and Gandhāra ––– On the Prajñāpāramitā,
Amitābha and Avalokitasvara]
#工藤順之:
(Mahā-)Karmavibhaṅga 所引経典類研究ノート(4): Nandikasūtra, Devatāsūtra 追補 487
#[Noriyuki KUDO: Philological Notes on the Quotations in the (Mahā–)Karmavibhaṅga (4):
Supplementary Remarks on Nandikasūtra and Devatāsūtra]
#湯山 明:
Miscellanea Philologica Buddhica: Marginal Anecdotage (VI) 497
新刊論著紹介
#[Akira YUYAMA: Miscellanea Philologica Buddhica: Marginal Anecdotage (VI)
Introducing Some Recent Publications]
Brief Communication:
Noriyuki KUDO: Newly Identified Folios in the Gilgit Buddhist Manuscripts 517
● 国際仏教学高等研究所彙報 IRIAB BULLETIN:
活動報告 IRIAB Activities 519
所長・所員の著作 List of Publications of the IRIAB Fellows 522
受贈受入図書 Books Received 523
受贈受入雑誌 Journals Received 526
● EDITORIALS:
執筆者紹介 Contributors to this Issue / Editorial Postscript 529
既刊案内 Gilgit Manuscripts in the National Archives of India — Facsimile Edition, Vol. I
● PLATES:
1 Harry FALK: “The first-century Copper-plates of Helagupta from Gandhāra hailing Maitreya” PLATES 1–6
2 GUAN Di: “Three Sanskrit Fragments Preserved in Arthur M. Sackler Museum of Peking University” PLATES 7–8
3 Seishi KARASHIMA: “New Research on the Buddhist Sanskrit Manuscripts from Central Asia” PLATES 9–10
4 Akira YUYAMA: “Reviewing Rgs XIV 2 & 7: How One Can Rescue Oneself ...” PLATES 11–12
5 Peter ZIEME: “Collecting of the Buddhist Scriptures: Notes on Old Uigur “annals”” PLATES 13-14
6 Tatsushi TAMAI: “Tocharian Syllabary with Uigur Explanations: M34.4 of the Mannerheim CollectionPLATE 15
7 Isao KURITA: “Gandhāran Art (Part 2)” PLATES 16-32
8 DUAN Qing: “Puñadatta’s Contract of Sale of an Estate” PLATES 33-34
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
449
450
大乗仏教とガンダーラ──般若経・阿弥陀・観音──*
辛嶋静志
(I)仏典の言語と伝承
(1) 口語から梵語へ、口承から書写へ
  古代インドのヴェーダ聖典は、紀元前千数百年から紀元前五世紀頃まで、一千年
間にわたって順次創作された。これら聖典は師から弟子へと口頭で伝授され、近世
に至るまで二千年以上連綿と口承で伝わった。その言語はヴェーダ語と呼ばれる。
前四世紀半ばに、文法学者パーニニは、これら多様なヴェーダ文献の言語に基づい
て、文法を規範化した人工的な言語を作った。これがサンスクリット(saṃskṛta; 原義
は“精練された,人造の”)である。サンスクリットは、バラモンや支配者階級・知識
階級が高尚な文章に使う雅語である。それを母語にする人はいない。師や父から習
う“父語”ともいうべき言語である。その習得方法と果たした役割は、ヨーロッパに
おけるラテン語や、中国における文言(ぶんげん;先秦時代から二十世紀初めまで
使われた文章語)に比べることができる。しかし、後で述べるように、中国におけ
る文言とは異なり、サンスクリット(梵語)は、文字に書かれることを前提として
いなかった。
  文語であるサンスクリットに対して、日常的に使う口語は、プラークリット
(prākṛta; 原義は“自然の,本来の”)と呼ばれる。これは一般庶民の言語である。庶
民はサンスクリットを理解できなかった。それは、ラテン語や文言の場合と同じで
ある。先史時代から口語が使われていたはずだが、インド口語資料として今日まで
伝わっている最古のものは、パーリ語仏典、アルダ・マーガディー語のジャイナ経
典、そしてインド各地の様々な方言で書かれたアショーカ王碑文(紀元前三世紀)
である。従って、紀元前四世紀より前には遡ることができない。インド口語は、こ
のように古いのではあるが、紀元前千数百年に遡るヴェーダ語(古期インド・アー
リア語, Old Indo-Aryan1)に比べると、時代が下がるので、「中期インド・アーリア
* 本論文は、「阿弥陀・観音・般若経—大乗仏教とガンダーラ—」,宮治昭編著『平成20年度~平成
24年度科学研究費補助金(基盤研究(A)20242003)研究成果報告書  ガンダーラ美術の資料集成と
その統合的研究』,龍谷大学,2 vols.,2013, pp. 527~566に加筆、修正したものである。原稿を読ん
で貴重なご意見を下さった橋本貴子博士、佐々木大悟博士、工藤順之博士、裘雲青氏に感謝する。
1 古期インド・アーリア語という場合、前四世紀半ばから使われ始めた古典サンスクリットも含め
る。ヴェーダ語と古典サンスクリットを区別するために、前者をEarly Old Indo-Aryan、後者をLater
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
449
450
451
語」(Middle Indo-Aryan)あるいは「中期インド語」(Middle Indic)と総称する。
具体的には、古マーガディー(マガダ地方の古い方言。釈尊はこの口語で話したと
言われる)、パーリ語、アルダ・マーガディー、ガンダーラ語、マハーラーシュト
リー、サウラセニー、マーガディー、パイシャーチー‒‒‒‒以上は大体紀元前四世紀
から紀元後七、八世紀の間に使われた──、そして紀元後六世紀から使われるアパ
ブランシャ語の総称である。アパブランシャ(“俗語”の意味)は六世紀から十三世紀
の口語の総称である。中期インド語のうち、パーリ語を除いた言語をプラークリッ
ト(口語)と総称する。今日まで連綿と南伝の上座部仏教で使われているパーリ語
は、通常プラークリットに含められない。
  ヴェーダ語を大元と考えれば、文語であるサンスクリットと、口語である中期イ
ンド語(プラークリットとパーリ語)とは、兄弟のように併存した。言語的な説明
において、便宜上、サンスクリットからプラークリットが派生したかのように表記
するが、それはあくまで方便であって、サンスクリットとプラークリットは同じコ
インの裏表のように併存していたのである。庶民はもちろん口語を話し、それだけ
を理解したが、エリートは文語と口語の両方を話すことができた。
  釈尊の時代から仏典はサンスクリット(梵語)ではなく、口語で伝承されてい
た。釈尊自身も口語で説教をし(それが後の時代にパーリ語に体系化された)、弟
子たちにも口語を使うことを勧めた。僧団にはさまざまな出自のものがいたし、ま
たエリートだけではなく様々な階層の人々への布教をする上で、口語の使用は必然
であった。高尚な梵語で仏教を説いても、大衆は理解できない。梵語は、ヨーロッ
パで色々な民族出身の修道士が共通語として使ったラテン語に比べることができ
る。ヨーロッパの教会で、ラテン語で説教しても庶民には分からない。それで実際
の説教は何語でするかというと、スペイン語であり、フランス語であり、イタリア
語などでする。それと同じく、大衆のための経典は、最初はみんなが分かる口語で
説かれていた。それが後になって、高尚な梵語に翻訳されたわけである。エリート
僧侶が哲学的考察を纏めた論書(いわゆるアビダルマ論書)は、比較的早く梵語を
使うようになっていた可能性はある。また、馬鳴(アシュヴァゴーシャ;二世紀)
が『仏陀の生涯』など梵語で仏教叙事詩を作っているが、これも国王や知識人に聞
かせるためで、庶民に聞かせるものではない。一般の僧侶や庶民に聞かせることを
目的とした仏典(いわゆる小乗の経典も大乗の経典も)は、三世紀頃までは概ね口
語で伝承されていたようだ。写本・碑文2・漢訳仏典3の研究からみて、三世紀頃から
Old Indo-Aryanと呼ぶこともある。古典サンスクリットが古期インド・アーリア語と呼ばれるからと
いって、中期インド・アーリア語より以前に古典サンスクリットが存在したかのように誤解してはな
らない。後で述べるように、中期インド・アーリア語と古典サンスクリットは併存したのである。
2 最初期のガンダーラ出土ブラーフミー碑文を研究したFalk氏によれば、ガンダーラ地方では、口語
(ガンダーラ語)・カローシュティー文字の使用から、ブラーフミー文字で口語混じりのブロークン
な梵語を書く段階を経て、紀元後四世紀に、正規な梵語・ブラーフミー文字の使用に移行したとい
う(2004: 153)。
3 インドにおける口語から梵語への移行が、漢訳仏典にも反映している。特に音写語にそのことが端
的に見て取れる。個々の経典の来歴にも依るが、鳩摩羅什訳(401~413年訳出)の原典は梵語化が進ん
でいたものの可能性が高い。羅什訳以前の古訳の原典は、まだ口語で伝承されていたものが多かった
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
450
451
452
徐々に梵語に置き換えられるようになったと推定される。おそらく四世紀になると
かなり梵語化が進んだのではないだろうか。
  さて、釈尊の時代には文字がなかった。釈尊の時代どころか、その後もずっと文
字はなかった。今日、パーリの五部経典、漢訳の四阿含として伝わる初期経典は、
本来、それぞれ専門に暗記暗誦する僧侶たち(bhāṇaka, 暗誦僧)がいて、彼らが何
百年もの間、口承で伝えたものである。暗誦僧たちは、釈尊が説いたとされる経典
を、忠実に記憶し暗誦し、それを次の世代へ受け渡すという重要な役目をもってい
た。彼らの存在なしには、初期仏典は今日まで伝わることはなかった。インドで
は、ヴェーダ文献もウパニシャドも『マハーバーラタ』も『ラーマーヤナ』もジャ
イナ経典も文字で書かれず、口伝えで伝承された。七世紀末にインドに留学した義
浄はヴェーダの口伝について伝えている。また十一世紀初頭インドをたびたび訪れ
たペルシア人の大学者アル・ビールーニー(al-Beruni)はその『インド誌』(1030年)第
十二章の中で、ヴェーダ文献は口承のみで伝えられていたが、最近になって、人々が
堕落してヴェーダの伝承が失われるのを心配したカシュミールの婆羅門が文字に書
き留め始めたと記している。ジャイナ経典は、多くの経典の口伝が途切れた後、紀
元後二世紀から文字に記されるようになった。口伝による伝承は、古代インドのみ
ならず、世界中で行われてきたことである。古代ギリシアの詩人ホメロスの叙事詩
『イリアス』・『オデュッセイア』も、稗田阿礼が暗誦していたとされる『古事
記』も、アイヌの『ユーカラ』や、ケルト神話・北欧神話・インカ神話など厖大な
量が口承で伝えられていたのである。
  ここで、インドにおける文字の考案と「書くこと」について述べておこう4。紀元
前519年アケメネス朝ペルシア帝国が、西北インド(ガンダーラ)を征服すると、そ
の地域にアラム語とその文字が行政語として導入された。そのアラム文字から、遅
くとも紀元前四世紀までにはインドの言語を表せるようにカローシュティー文字が
発明された。このガンダーラ地方では、ヴェーダが伝承され、パーニニなどの文法
学者が輩出した。ガンダーラは伝統的学問の中心地であり、その地域の梵語がもっ
とも洗練されていた──ジャータカには、若者がガンダーラの中心地タクシラに学
問を求めに行く話が数多く出る。前四世紀半ばのパーニニの時代に、すでに文字は
あったが、パーニニのサンスクリット文法書は暗記を前提としている。その後、紀
元前三世紀までにブラーフミー文字がおそらくマウルヤ朝において考案された5。マ
ウルヤ朝第三代のアショーカ王(紀元前268~232年に在位)は、領土の各地にその教
勅を口語で刻ませたが(アショーカ王碑文)、西北インドからアフガニスタンにか
けては、ギリシア文字、アラム文字、カローシュティー文字を使い、それ以外の地
であろう。筆者は、竺法護訳『正法華経』(286年訳)に、bhoti (< Skt. bhavati)が「佛道」(bodhi)と訳さ
れるなど数多くの例証から、その原典が口語で伝承されていたことを示した(Karashima 1992)。ま
た、ガンダーラ出身の仏陀耶舎が暗唱し、竺仏念が訳した『長阿含経』(413年)に見える約500の音写
語を分析して、その原語がガンダーラ語・梵語・ガンダーラ語以外の口語が混淆したものであること
を示した(辛嶋 1994)。
4 以下の部分に関しては、von Hinüber 1989, Falk 1993, Salomon 1995a, 1998, Witzel 2011を参照。
5 遅くとも紀元前四世紀末までに成立していたと見る考えもある(Norman 1992)。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
451
452
453
域ではもっぱらブラーフミー文字を使っている。その後も、カローシュティー文字
がガンダーラ地方とその文化圏で使われたのに対して6、ブラーフミー文字は全イン
ドとインド文化の影響を受けた広い地域で使われた。ブラーフミー文字が普及した
理由は、カローシュティー文字よりもインドの言語を表記するに適していたからで
ある。しかし、カローシュティー文字とブラーフミー文字が考案された後も、バラモ
ンは、学問は口承と暗記によるべきと規定し、書くことを知的とは考えていなかっ
た。『マハーバーラタ』13.24.70に「ヴェーダを書く者たちは地獄に行く」とあるよ
うに、ヴェーダを書くことは長く法典で禁止されていた。伝統的学問では、ヴェーダ
文献を読誦する時の発音に細心の注意が払われている。これはその当時の文字では
表記できないものであった。その点から書くことに抵抗があったであろう。またバ
ラモンは、子供の時から暗誦することで、聖典をある意味占有してきた。その聖典
が書かれることによって、彼らの専売特許が失われることを恐れたこともあったで
あろう。こうして文字は、もっぱら行政と経済のための世俗的な文書に使われ、学
術に使われるようになるのは、紀元後のことと考えられる。碑文においても、紀元
後一世紀まではすべて口語で書かれ、サンスクリットの碑文が現れ始めるのは紀元
後二世紀後半である。最初は口語混じりの碑文であり、正規なサンスクリットの碑
文は四世紀になって初めて一般的になる。従って、サンスクリットを文語と述べた
が、本来は書かれるための文章語ではなかった。この点は、同時代の中国における
文言と異なるところである。
  上にバラモンは聖典を書写しようとはしなかったことを述べた。一方、仏教徒は
書写に抵抗がなかった様で、紀元前後から部分的に仏典を書写し始めた。最初に書
写されたのは、パーリ語やガンダーラ語の経典である。スリランカでは、紀元前一
世紀にパーリ語の仏典が筆記された。近年パキスタンで次々と見つかったガンダー
ラ語写本には、紀元後一世紀に遡るものがある。また紀元後179年に支婁迦讖が漢訳
した『道行般若経』には経巻を書写するという表現が九十回近く見え、同じ経典の
最後にある常啼菩薩の物語には、黄金の板に書かれた《般若波羅蜜》の経巻を礼拝
する描写がある。後で見るように、この漢訳のガンダーラ語原典は、紀元後一世紀
後半に成立したと考えられる。『道行般若経』のこれらの記述は、紀元後一世紀に
ガンダーラ語経典を書写することがあったことを明らかに示している。ブラーフ
ミー文字でサンスクリットのテキストが書かれるようになったのは、紀元後二世紀
以降のようである。キジル千仏洞で、ドイツ中央アジア探検隊が発見した馬鳴の仏
教劇梵語断簡は、二世紀中葉にインドのどこかで書写されキジルにもたらされたと
考えられている(Lüders 1911)。同じ場所(おそらく僧院の書庫であったと考えられ
ている)から、三世紀後半に遡る梵語論書断簡(Franco 2004: 33)なども見つかって
6 ガンダーラ地方では、紀元後三世紀頃まで、カローシュティー文字とガンダーラ語を使い、その後
段々にブラーフミー文字を使うようになった。碑文を見る限り、ブラーフミー文字導入後も、最初は
口語と梵語が混淆した言語をブラーフミー文字で書いているが、四世紀からは正規な梵語をブラーフ
ミー文字で書くようになった。以上、Damsteegt 1978; Glass 2000: 2; Falk 2004を参照。中央アジアの
ホータンと楼蘭では、紀元後三、四世紀、行政言語として、ガンダーラ語とカローシュティー文字が
使われた。ホータンでは五世紀にはブラーフミー文字を使うようになった。Maggi 2004: 187; 吉田
2005: 60f.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
452
453
454
いる。これら梵語テキストは、最初から梵語で創作された文学叙事詩と論書であ
り、一般の僧侶や庶民に聞かせるための経典ではない。経典として、今日知られて
いる最も古い仏教梵語写本は、バーミヤンで発見された三世紀前後に遡る《八千頌
般若》梵本断簡である(Sander 2000)。この写本はかなり梵語化されてはいるが、口
語形も混在している。
(2) 初期大乗仏教経典研究の新しい視点
  上に古代インドにおける言語と文字そして筆写の実態について簡単に紹介した。
これら実態を踏まえれば、大乗仏典の言語と伝承の変遷の過程は、おおよそ次のよ
うに推定される。
(1)口語・口承だけの時代(紀元前)
(2)口語・口承と並行して口語・書写(カローシュティー文字)の時代(紀元
後一~三世紀)
(3)口語まじりのブロークンな梵語の時代(紀元後二、三世紀)
(4)(仏教)梵語・筆写(ブラーフミー文字)時代(紀元後三、四世紀以降)
勿論、中にはこれらの段階を経ていない経典もあるに違いない。けだし個々の経典
にはそれぞれの成立背景と歴史があるからである。いずれにせよ経典が梵語で書か
れるようになるのは、紀元後三、四世紀以降のことであるということを再度強調し
ておきたい。
  これらのことを踏まえると、紀元前後に続々と創られた初期大乗仏典の誕生と発
展(変遷)を考える上で、従来の研究に欠けていた重要な視点が三つ見えてくる。
(1)初期大乗仏教経典は本来、梵語ではなく、口語で伝承されていたというこ
と。
(2)最初は書かれていたのではなく、口頭で伝承されていたということ。
(3)経典は、不断に変化変遷(あえて発展とは言わない)して来たというこ
と。
これらの視点が欠けると、今日、普通に行われているように、古くて十一世紀、多
くは十七世紀以降に書かれた梵語写本があたかも“原典”かのように思いこんで、そ
れら後世のテキストの読み方と比べて、より古いテキストである漢訳や、中央アジ
アなどから出土した古写本の読み方が訛っているなどと、誤った判断をすることに
なる。その端的な例が、後で見る観音である。
  筆者は、二十年以上前、《法華経》漢訳と梵語写本などとを逐語的に比較し、竺
法護訳『正法華経』(286年訳)の原典が、中期インド語で伝承されていたことを示し
た(Karashima 1992)。初期大乗仏典が、本来中期インド語で伝えられていて、後に少
しずつ(仏教)梵語に“翻訳”されたという筆者の長年の推定は、最近発見された紀
元後一、二世紀に遡る《般若経》ガンダーラ語写本(Falk/Karashima 2012, 2013)が
明確に証明してくれた。今日私たちが目にする梵語テキストは、換言するなら、数
世紀にわたる不断の梵語化・間違った逆形成(back-formation)・追加・挿入の結果な
のである。だから、私たちが初期大乗経典を理解し、それらが生まれた“原風景”に
近付こうとする時、現存する梵語写本──断簡以外は殆ど十一世紀以降のもの──
に多くを頼っては、永遠に目的を果たせない。梵語写本以外の全ての文献資料を総
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
453
454
455
合的に考察する必要があるのである。例えば、漢訳・蔵訳以外にも、古代ガンダー
ラ文化圏(今日の西北パキスタンから東アフガニスタン・ウズベキスタン南部)・
中央アジアから出土した梵語断簡・ガンダーラ語断簡、そしてコータン語仏典など
も、仏典の生成・発展・変遷を跡付けるのに有力な資料となる。特に、近年次々と
見つかっている紀元後一世紀にまで遡るガンダーラ語大乗仏典写本は、初期大乗仏
典に関する私たちの常識を大いに改めさせてくれるであろう。また漢訳仏典の中で
も、二世紀から六世紀に翻訳された訳経は、完本であり、しかも翻訳年代が比較的
明確な点から、最も重要な資料である。さらに、これら漢訳の経緯を記した経録
は、大乗仏典の成立という観点からもう一度読み直せば、重要な情報を伝えてい
る。文献資料以外にも、碑文や考古・美術資料に関する研究成果も参照する必要が
ある。これらあらゆる資料を総合的に考察すれば、私たちは初期大乗仏典に関する
新しい展望に到達することができるであろう。
  私たちは、往々にして常識と呼ばれる“眼鏡”を通して仏教の歴史と教理を理解し
てきた。しかし、鳩摩羅什訳諸仏典や『大智度論』・『婆沙論』・『倶舎論』など
という言わば仏教学の古典よりも遙か向こうに、初期大乗仏典の“原風景”は存在す
るのである。手垢のついた“眼鏡”をはずして、改めて一次資料を丁寧に正確にそし
て総合的に見直すことによってのみ、初期大乗仏典の原初の姿に近付けると筆者は
考える。その幾つかの例を紹介しよう。
  ここでは『○○経』(例えば,『阿弥陀経』・『無量寿経』)は特定の漢訳経典
を指し、《○○経》(例えば,《阿弥陀経》・《無量寿経》)は梵本・諸漢訳・蔵
訳も含めた総称として用いる。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
454
455
456
(II)《般若経》
(1) ガンダーラ語《般若経》写本
  最近パキスタンの北西部アフガニスタンとの国境地帯にあるバジョール地方の僧
院跡から、樺皮にカローシュティー文字で書かれた、それぞれ異なる内容の19巻の
仏教写本が発見された(Nasim Khan 2008に、写真とIngo Strauch博士によるらしい暫
定的転写がある。なおStrauch博士の次のサイトを参照:http://www.geschkult.fuberlin.de/e/indologie/bajaur/content/index.html)。これら写本は書体から見て紀元後
一、二世紀に遡ると考えられ、また《中阿含経》、《戒本》のほか、声聞乗・独覚
乗・等正覚乗(ṣravagayaṇa, praceabudhayaṇa, samasabudhayaṇa)と阿閦(Akṣobha)如来
に言及する経典(Nasim Khan 2008: 47~93)、般若(prañaparamida)に言及する経典(同
113-119)がある。これとは別に、おなじくパキスタン(おそらくアフガニスタンとの
国境地帯)で発見され、放射性炭素年代測定法で81.1%の可能性で紀元後47-147年
に遡ると思われる《八千頌般若》のガンダーラ語写本(Falk/Karashima 2012, 2013)が
発見された。これらガンダーラ語大乗仏典写本は最古の漢訳大乗経典である支婁迦
讖訳『道行般若経』(A.D.179年訳出)の原本と同時代のものと言える。これらの発見
によって、初期大乗仏典研究は全く新しい局面を迎えた。これら新出ガンダーラ語
写本および古訳経典の文献学的研究は、初期大乗仏典の成立と展開に全く新しい視
点をもたらすに違いない。
  さて、筆者は2011年に出版した『道行般若経校注』で、支婁迦讖訳『道行般若
経』と六種の漢訳、梵本、蔵訳を逐語的に比較し、《八千頌般若》における増広・
削減・変化・改訂の跡付けを試みた。筆者の研究によれば、《八千頌般若》諸本
は、次の三つのグループに分かれる。
(一)最初期テキスト群:ガンダーラ語写本、『道行般若経』(西暦179年
訳)、支謙訳(222-257年訳)、『摩訶般若鈔経』(3世紀後半訳)7
(二)中期テキスト群:鳩摩羅什訳(408年訳)、玄奘訳第五会(660-663年
訳)、バーミヤン出土梵語写本断簡(紀元後2~3世紀)
(三)後期テキスト群:玄奘訳第四会(660-663年訳)、施護訳(982年訳)、
ネパール出土梵本写本(11世紀以降)、チベット語訳
  概して、古いバージョンは簡潔で、新しいバージョンになるほど詳しくなる──
例外は常啼菩薩品である‒‒‒。これら三つのグループのなかでも、(一)と(二)・
(三)の間には、量的のみならず、質的にも大きな変化がある。例えば次の二点に
おいて、それが顕著に見られる。
 (1)慈悲──Schmithausen, Fronsdal, Choong, Anālayoなどが明らかにしたように
空の思想とは矛盾する──に関する記述は、古訳(支婁迦讖訳・支謙訳・竺佛念
訳)に少ないが、後世のテキストになるほど多くなる。従来しばしば『般若経』は
空と慈悲を説くと説明されてきたが、よく考えれば、空と慈悲は矛盾した概念であ
る。空に徹底すれば、目の前の苦しむ衆生を哀れむ根拠がないからである。
7 筆者は最近出版した論文で、支謙訳『大明度経』と竺佛念訳『摩訶般若鈔経』は、直訳で晦渋な支
婁迦讖訳『道行般若経』を漢語として読みやすくした “焼き直し ”に他ならないことを示した(辛嶋
2011, 2014)。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
455
456
457
  (2)逆に、常啼菩薩の物語は支婁迦讖訳『道行般若経』とその改訂版の支謙訳
では、後のバージョンに比べると遙かに詳しく、また主題も異なる。後で見るよう
に、この物語の古いヴァージョンにこそ、《般若経》の成立背景、成立地と成立時
代を明らかにする鍵がある。
  従って、《八千頌般若》の原初の姿、出来たてのほやほやの姿を知ろうとするな
らば、支婁迦讖訳と新出ガンダーラ語写本に依るべきである。
  新出のガンダーラ語写本断簡の表側( r ec to )は、『道行般若経』の第一巻の冒頭
(T.8, 425c4~426c10)に、裏面(verso)は、第二巻の終わり(436c17~438a7)に対応してい
る。Falk教授と筆者は、『創価大学・国際仏教学高等研究所年報』第15号(2012年)、
同第16号(2013年)にこの断簡のローマ字転写と『道行般若経』英訳とを並べて出版
した。概してガンダーラ語断簡の方が簡潔だが、ガンダーラ語断簡にあって漢訳に
ないものもある。従って、この二つのテキストは一致してはいないが、それでも驚
くほど近似している。
  思想史研究上、特に注目すべきことは、この二つのテキストには、梵本や他の諸
漢訳(『大明度経』を含む)及び蔵本に見えるprakṛtiś cittasya prabhāsvarā(「心の
本性は輝いている」)という「自性清浄心」(prakṛti-prabhāsvara-citta)を意味する表
現が欠けているという点である8。
(2) 支婁迦讖訳『道行般若経』の原語がガンダーラ語であったこと
 さて、Stefan BaumsとAndrew Glassがインターネット上に公開しているA Dictionary
of Gāndhārī (http://gandhari.org/a_dictionary.php)は、ガンダーラ語とその文献を検索す
るのを飛躍的に容易にした。一方、上記のバジョール出土ガンダーラ語写本断簡と
《八千頌般若》ガンダーラ語写本断簡によって、大乗仏典特有のガンダーラ語語彙
が飛躍的に増した。これら最近の研究成果に基づいて、『道行般若経』に見える音
写を分析すると、その原語がガンダーラ語(以下Gāと略す)であったことが明らか
になる。
 (1) -th- > -s  梵語の-th-が-s-に変化するのは、ガンダーラ語の特徴の一つである。『道行般若
経』に200回も出る「怛薩阿竭」9 (Krsh 2010: 98; 後漢代推定音 [以下EHと略す] tat sat
ʔa gjiat; *tasa-agad(a))は、Gā. tasagada10(< BHS.tathāgata)に対応する。しかし、興味
深いことに、この音写語は、tathāgataがtathā-gata(如に行くもの、すなわち「如
去」)ではなく、*tathā-āgata(如より来たるもの、すなわち「如来」)と理解されて
いたことを示している。この理解はまさに「如来」という漢訳に一致しているわけ
8 辛嶋 2011: 4, 注25; Falk/Karashima 2012: 34~35, 注15.
9 『道行般若経』, T.8, No.224, 429a27, 429c14 etc. 支婁迦讖訳とされるその他の漢訳にも出る。例え
ば、『文殊師利問菩薩署経』, T.14, No.458, 435b6, 16 etc.; 『阿闍世王経』, T.15, No.626, 391c3,
392a21 etc.; 『伅真陀羅所問如来三昧経』, T.15, No.624, 348c19, 351b8 etc.; 『般舟三昧経』, T.13,
No.418, 906a2, 911a3. この音写は、後の時代の漢訳にも稀に見える。例えば、竺法護 (233-311年頃):
『阿術達菩薩経』, T.12, No.337, 84b7, c1 etc.; 『無極宝三昧経』, T.15, No.636, 508c11, 511b11 etc.; 安
法欽(安息国出身)『道神足無極変化経』, T.17, No.816, 805c24, 813c6 etc.
10 Ajitaseṇa Inscription: 3–4; British Library Fragment 7: a Da1 = Baums 2009: 241; Nasim Khan 73.18f.,
77.3f., 81.10 etc.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
456
457
458
である。
 (2) -dh- > -s 「末須(←願)揵提」(471c11; cf. Krsh 2010: 329)からは、masu-ga<ṃ>dhi (< BHS.
madhu-gandhika < mṛdu-gandhika)という原語が推定され(cf. Gā. masu < Skt. madhu)、
ガンダーラ語特有の-dh- > -s-という変化を示している。同様に、bodhiはbosiにbodhi-
satvaはbosisatvaとなる。『道行般若経』に見える「佛」(438a2, 460c26 etc.; cf. Krsh
2010: 164f.)、「菩薩」(425c8, -10 etc.; cf. Krsh 2010: 351)からは、その原語がbodhiと
bosiどちらであったか分からない。
 (3) -bh- > -h 「首呵」 (435a12; *Śuha < Śubhā), 「波栗多修呵」(435a13; *Parittaśuha < Parīttaśubha),「首訶迦」(439c25; *Śuhaka- < Śubhakṛtsna), 「阿波摩首訶」(439c24;
*Apama(ṇa)śuha < Apramāṇaśubha)は、原語にśuha(< śubha)とあったことを示してい
る。śuhaはガンダーラ語《法句経》に見える11。この場合、梵語の-bh-が原語で-h-
となっていたことを示しているが、この変化は、ガンダーラ語を含む中期インド語
では一般的な変化である12。なお、『道行般若経』に600回以上出る「須菩提」(Skt.
Subhūti)からは、その原語がSubhutiもしくは*Subhudiが推定されるが、上記ガン
ダーラ語《八千頌般若》断簡ではSuhutiとSubhutiの両方の形が現れる13。
 (4) -h- > -’-
  ガンダーラ語の特徴の一つは、hが弱化し、しばしば脱落したり、単にg l i d e
consonantとして使われ、他のglide consonantに取って替わられることである14。『道
行般若経』に見られる次の音写は、hが脱落したか、発音されなかったことを示して
いる。會波羅(467b9; cf. Krsh 2010: 234; *Ve’a(p)phala < Vehapphala [= Pā] < BHS.
Vṛhatphala / Bṛhatphala), 梵摩三鉢(431a27; cf. Krsh 2010: 159; Brama Sa’aṃpati < Gā.
Brama Sahaṃpati15 < BHS. Brahmā Sahāṃpati), 僧那(443a24; cf. Krsh 2010: 405;
*sa(ṃ)ṇa’a < *sa(ṃ)ṇaha < Skt. saṃnāha), 摩訶僧那僧涅(427b29, 427c2 etc.; cf. Krsh
2010: 323; *mahasa(ṃ)ṇa’a-saṃnaddha < Gā. *mahasa(ṃ)ṇaha-saṃnaddha < BHS.
mahāsaṃnāha- saṃnaddha)。
 (5) -bh- > -h- > -’ 次の諸例は、いずれも-bh- > -h-と変化し、さらにそのhが脱落したか、発音され
なかったことを示している。阿波摩那(467b9; cf. Krsh 2010: 1; *Ap(r)amaṇa’a <
*Ap(r)amāṇāha < Apramāṇābha), 阿波摩修(435a13; cf. Krsh 2010: 1-2; *Ap(r)amaṇaśu’a
< *Ap(r)amāṇaśuha < Apramāṇaśubha), 阿會亘修(431a16, 435a12 etc.; cf. Krsh 2010: 2-3;
*Avasvara śu’a < *Avasvara śuha < BHS. Ābhāsvara + śubha?), 波利陀(435a11, 439c23; cf.
Krsh 2010: 45; *Paritta’a < *Parīttāha < Parīttābha), 豺(v.l. 廅)波摩那(435a12, 439c23; cf.
Krsh 2010: 143; *Ap(r)amaṇa’a? < *Apramāṇāha < BHS. Apramāṇābha), 修乾(435a13; cf.
11 Dhp-GK: r 19b, r 217a, r 241b.
12 辛嶋 1994: 24, § 2.4.6.iを参照。
13 Falk/Karashima 2012: 28(1-02), 30(1-05) etc. Suhuti; 30(1-04), 32(1-10) etc. Subhuti.
14 辛嶋 1994: 28, § 2.8を参照。
15 Salomon 1995: Bram̄a Saha[ṃ]pati; Senavarman Inscription: 10 = von Hinüber 2003: 34. Bramo Sahaṃpati.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
457
458
459
Krsh 2010: 552; *Su’akiṇṇ(a)< *Suhakiṇṇa < Śubhakṛtsna; cf. Pā. Subhakiṇha, °kiṇṇa)。下
で見る「阿彌陀」(Amida’a < *Amidaha < Amitābha)もこの例に他ならない。
 (6) -p- > -v-
 「優婆塞」(431a15, 451a13 etc.; Gā. *uvasak(a) < BHS. upāsaka), 「優婆夷」(431a15,
451a13 etc.; Gā. uvasia < BHS. upāsikā)は、いずれも原語で-v- (< -p-)とあったことを示
し、バジョール出土ガンダーラ語仏典に見えるuvaea, uvaia(Nasim Khan 110.916)に類
似している。また、次の音写に見える「惒」(EH. γwa), 「和」(EH. γwa), 「洹」(EH.
γwan), 「曰」(EH. γjwat), 「越」(EH. γjwat)は、いずれも原語で-v- (< -p-)とあったこ
とを示している。漚惒拘舍羅(433c7 etc.; cf. Krsh 2010: 346f.; *uvaakośalla17 < BHS.
upāyakauśalya or upāyakauśala), 波耶和提(431a1; cf. Krsh 2010: 48; *Pajavadi,
*Prajapati < BHS. Prajāpati), 和夷羅洹(455b28; cf. Krsh 2010: 212; *Vajiravāṇi,
Vayiravāṇi18 < BHS. Vajrapāṇi), 提和竭羅(431a7; cf. Krsh 2010: 478f.; *Diva(ṃ)gara <
BHS. Dīpaṃkara), 摩訶惟曰羅(468c12; cf. Krsh 2010: 324; *Maha-vevula19 < *Mahāvevulla < BHS. Mahā-vaipulya), 三昧越(455b14f.; cf. Krsh 2010: 400~401; *samavaj(adi)20
< Skt. samāpadyate)。
 (7) -t- > -d-
 次の音写の「陀」(EH. da)、「檀」(EH. dan)は、原語で-d- (< -t-)とあったことを示
している。阿陀波(435a15; cf. Krsh 2010: 11; *Adapa < BHS. Atapa), 阿比耶陀(439c25;
cf. Krsh 2010: 1; *Aviyada(va)? < *Aviha Adava < Pā. Avihā Atapā > BHS. Avṛhāḥ Atapāḥ),
兜術陀(435a4, 468b-3; cf. Krsh 2010: 129f.; Gā. Tuṣida21 < BHS.Tuṣita), 沙羅伊檀(470a21;
cf. Krsh 2010: 405; *ṣal-ayadaṇ(aṇi) < BHS. ṣaḍ-āyatanāni)。
 (8) -d- > -l-, -ḍ- > -l-
 次の音写は、原語で-l- (< -d-)とあったことを示している。拘文羅(471c10; cf. Krsh
2010: 281f.; Gā. kumula22 < Skt. kumuda)。また次の例は、ratna > MI. ratana > Gā.
radaṇa23 > *ralaṃnaという変化を示している24。羅蘭(←麟)那枝頭(461c1, 9; cf. Krsh
2010: 315f.; *Ralaṃnakedu? < Radaṇa° < Ratana° < BHS. Ratnaketu)。次の例は、-ḍ- >
-l-という変化を示している。沙羅伊檀(470a21; cf. Krsh 2010: 405; *ṣal-ayadaṇ(aṇi) <
BHS. ṣaḍ-āyatanāni)。
16 uvaśianaはuvaiaṇaの誤植。
17 Cf. Gā (Baums 2009: 636~637). kośala < kauśalya.
18 Cf. Gā (Senavarman Inscription: 5; Mount Banj Inscription: 3–2). vayira-.
19 Cf. Gā (Nasim Khan 81.12). vehula (< veulla < vevulla < vaipulya); Gā (CKI 249: 4; Dhp-GK: r 164). vivula <
Skt. vipula.
20 Cf. Gā (EĀ-G: r 43, 46, 49, 56, 59). pradivajadi < pratipadyate; Gā (Dhp-GK: r 232f.). uvavajadi < Skt.
upapadyate
21 Cf. Nasim Khan 73.38. Tuṣidaṇa.
22 Cf. Dhp-GK: r 145d.
23 Cf. Nasim Khan 77.8, 83.55 etc.
24 《法華経》の提婆達多品に相当し、西晋代(265-316)の失訳である『薩曇分陀利経』(T.9, No.265)に
「抱休羅蘭」(MC. pâu: xju lâ lân; 197a12)という音写が見え、これはSkt. Prabhūtaratna (>
*Prahūtaratana > *Prahūtaradana > *Pahū(la)ralan(a)?)に対応する。休(MC. xju)はその原語で-bh- >
-h-と変化していたことを示す。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
458
459
460
 (9) jñ > (ṃ)ñ
  ガンダーラ語では、他の中期インド語同様、jñは(ṃ)ñとなる。『道行般若経』の
音写も、その原語で(ṃ)ñとあったことを示している。般若波羅蜜(425c8 etc.; cf. Krsh
2010: 23; Gā. prañaparamida25 < BHS. prajñāpāramitā), 般遮旬(433b29, c2 etc.; cf. Krsh
2010: 23f.; Gā. *pa(ṃ)cavi(ṃ)ñ(a)26 < BHS. pañcābhijñā), 尼惟先(465a7; cf. Krsh 2010:
336; *Ṇevasaña27 < BHS. Naivasaṃjñā(nāsaṃjñāyatana)), 薩芸若(426a24 etc.; cf. Krsh
2010: 395-396; Gā. sarvaña28 < Skt. sarvajña)。従って「般若」は梵語prajñāではなく、
ガンダーラ語pra(ṃ)ñaの音写である。後世、おそらく唐代になって、「般若」が梵
語prajñāの音写であることをこじつけるために、「はにゃ」(現代中国語でbo re)と特
殊な読み方をするようになったと考えられる。現代中国語ではbo reあるいはban ruo
と発音されるが、ban reが正しい。
 (10) -nt- > -nd-, -mp- > -mb  次の三つの音写は、BHS. Pūrṇa Maitrāyaṇīputraに対応せず、むしろPā. Puṇṇa
Mantānīputtaに近い。邠那(←祁)文陀弗(427b29, c21, 23; cf. Krsh 2010: 43; EH. pjiǝn na
mjǝn da pjǝt), 邠那文陀羅弗(430a14; cf. Krsh 2010: 43; EH. pjiǝn na mjǝn da la pjǝt), 分漫
陀尼弗(454a21; cf. Krsh 2010: 163; EH. pjǝn man da nrjiǝi[niǝi-] pjǝt)。「文陀」はMantāがMandā-となっていたことを示す。また次の音写からは、*caṃbaka (< Skt. campaka;
cf. Kho. cambaa)という原語が推定される。占匐(471c12; EH. tśjam bjǝk?; cf. Krsh 2010:
623)。これらは、-nt- > -ṃd-, -mp- > -ṃb-という変化を示しているが、このような変
化は、コータン出土ガンダーラ語《法句経》とニヤ出土のガンダーラ語文書および
コータン語の中のガンダーラ語からの借用語に見える29。
 (11) -ṇḍ- > -ṇṇ-
  次の音写は、コータン出土ガンダーラ語《法句経》とニヤ出土のガンダーラ語文
書に見える-ṇḍ- > -ṇṇ-という音変化を示している。不那利(471c11; cf. Krsh 2010: 51f.;
EH. pju na ljiǝi-; *puṇṇari(a) < Skt. puṇḍarīka), 鳩垣(475b19; cf. Krsh 2010: 281; EH. kju
γjwan; *kuvaṇṇ(a)30 < *kubhāṇḍa < BHS. kumbhāṇḍa(ka))。
 (12) 波斯匿 = Gā. Prase̱niga ≠ BHS. Prasenajit
 「波斯匿」(434a9; cf. Krsh 2010: 47; EH. pa sjei nrjǝk)は、語尾に軟口蓋音(k)があ
る。従ってBHS. Prasenajitとは異なり、Gā. Prase̱niga31に一致する。
 (13) 彌勒 = Bactrian Metraga
 「彌勒」(425c6, 438a-16; cf. Krsh 2010: 318; EH. mjiei[mjiei:] lǝk)も、語尾に軟口蓋
25 Falk/Karashima 2012: 28(1-03), 32(1-13), 34(1-14, 16) etc.
26 Cf. Gā (Senior Fragment 19: v 30). aviña~ (< abhijñā); Gā (British Library Fragment 9: v 156 [Baums 2009:
255]). ṣaḍa[vi]ña (< ṣaḍ-abhijñāḥ).
27 Cf. Gā (British Library Fragment 1: r 32d; Senior Fragment 5: r 17, 21, v 26; Nasim Khan 75.18, 79.23,
81.1f., Nasim Khan 81.14f., 83.38f. etc.). saña (< saṃjñā); Pā. Nevasaññā(nāsaññāyatana).
28 Gā (CKD 399: Obv 2; CKD 272: Obv 3; CKD 358: Obv 3; CKI 241: 7, 10). sarvaña-; Gā (EĀ-G: r 3d).
sarvañu; cf. Pā. sabbaññū.
29 辛嶋 1994: 34, 71~72(注 109)参照。
30 Cf. Gā (Senavarman Inscription: 13). kuvhaḍa~.
31 British Library Fragment 14: recto 75 = Allon 2001: 304. P[r]ase̱n[i]ga.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
459
460
461
音(k)があり、BHS. Maitreya, Pā. Metteyaとは異なる。ガンダーラ語では、弥勒仏では
なく、個人名を表すMetreya32, Metrea (AD 74年の碑文)33の例が碑文に見える。他方、
二世紀のカニシカ王の銅貨にΜετραγο Βουδο ( M e t r a g o B o u d o )とあり、また
Samādh i rā j a sū t raの偈で四度34、Gaṇḍavyūha第54章(Mai t reya )の偈で二度35、
Mekhalādhāraṇīの散文36で一度、弥勒仏を指すMaitrakaという語形が出る。トカラ語
のMaitrāk, Metrakもこの語形に一致する37。漢訳の「彌勒」もこれら軟口蓋音を伴う
語形の音写である。バクトリア語形Μετραγα, *Metragaは、おそらく一方でMaitraka
と梵語化され、他方でガンダーラ語でMetreya, Metreaとなり、それからさらにBHS.
Maitreya, Pā. Metteyaという語形が造られたと考えられる。あるいは、ガンダーラ語
形のMetreya, Metreaから、一方でΜετραγα、他方でBHS. Maitreya, Pā. Metteyaと変化し
た可能性もある。いずれにせよ、BHS. Maitreya, Pā. Metteyaが出発点とは考えがた
い。パーリDīgha-nikāyaのCakkavatti-Sīhananda-suttanta(Dīghanikāya III; 漢訳『長阿
含経・転輪聖王修行経』)で、Metteya成仏の予言が述べられているが、かつて指摘
したように3 8、対応する『中阿含経』巻十五、王相応品、「転輪聖王経」(大正1 ,
520b~525a)にはこの話がない。弥勒仏の登場は、転輪聖王の出家修道を主題とする
この経典に関わりがなく、弥勒に言及しない『中阿含経』の方が本来的と考えられ
る。またMetteyaに言及するのは全Nikāyaの中でここだけである。従って、初期仏教
から弥勒信仰があったと見るよりは、西北インドで成立した弥勒仏信仰がこの経典
の中に取り込まれたと見るべきであろう39。Μετραγα, Metreyaの本来の意味は分から
ない。従来言われてきたヴェーダのMitra神やイランのMithra神との関係もまだはっ
きりしない。ガンダーラ文化圏で崇拝されていた神か英雄が仏教に取り込まれたと
考えるのが自然ではないだろうか。
 (14) 耆闍崛 = *G(r)ija-guḍa
 「耆闍崛」(425c4 etc.; cf. Krsh 2010: 356; EH. gjiǝi dźja gjwǝt)という音写からは、
*G(r ) i ja -guḍaというような原語が推定されるが、これはガンダーラ語《八千頌般
若》断簡のGrija-uḍa40やパーリ語のGijjhakūṭaに類似している。BHS. Gṛdhrakūṭaとは
異なる。
 (15) 泥犁 = ṇirea
32 CKI 141 = Peshāwar Museum Inscription, no. 5: 1 = Konow 1929, 133, pl. 24.7; IBInsc I 988.2.
33 CKI 564 = Copper Manuscript in Five Sheets: 6 = Falk 2010: 18.
34 Samādh(D) 165.7 (第11章, 第60偈), 380.9 (第29章, 第82偈), 424.12 (第32章, 第137偈), 580.2 (第37章, 第
68偈) = Samādh(V) 76.15, 183.11, 204.12, 273.10
35 Gv 488.25 (第54章, 第171偈), 489.7 (同第175偈) = Gv(V) .392.17, 393.2
36 Md 116R2. bhagava Maitrakaṃ.
37 Cf. Bailey 1946: 780; Brough 1962: 92, 注4; Ji 1998: 57f.
38 『現代語訳「阿含経典」・長阿含経』第二巻,東京 1997: 平河出版社, p. 310~311, n. 121.
39 Cf. Anālayo 2010: 95f. 南インドのカルナータカ州のカンガンハリ(Kanaganahalli)大塔には紀元前一世
紀から紀元後三世紀初の彫刻と口語碑文が多量に残っていて、貴重な仏教研究資料である。そこに過
去六仏、釈尊と並んで未来仏の像がある。その像の下には未来仏Ayita(Ajitaの口語形)とあり、「弥
勒」とはない(Nakanishi/von Hinüber 2014: 79)。このことも弥勒が仏教に取り入れられたのが遅いこと
を証左している。
40 Falk/Karashima 28, 1-01. Cf. MPS-G: r b1. Gri[ja] ///.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
460
461
462
 「泥犁」(440b14 etc.; cf. Krsh 2010: 337-338; EH. niǝi liǝi[ljiǝi])という音写は、梵語
のniraya(地獄)よりもむしろGā. ṇirea41に近い。
 (16) 塔 = thuva
 「塔」(435b11; cf. Krsh 2010: 475f.; EH. thǝp)は、Gā. thuba42, Gā. thuva43(< stūpa)を音
写するために造られた字である。
 (17) 三耶三菩, 三耶三佛 = *samya-bosi, *samya-budha
 「阿耨多羅三耶三佛」(432a13; cf. Krsh 2010: 8), 「阿耨多羅三耶三菩」(437b24 etc.;
cf. Krsh 2010: 8-9), 「三耶三佛」(429a28 etc.; cf. Krsh 2010: 403)は、梵本のanuttara~
samyaksambodhi~, samyaksambuddha~に対応する。ガンダーラ語形は、Gā. aṇutara~
sa(ṃ)masa(ṃ)bosi~44, aṇutara~ saṃmasa(ṃ)bosi~45, sa(ṃ)masabudha~46, sa(ṃ)mesa(ṃ)budha47である。しかし、「三耶」という音写からは、Gā. sa(ṃ)ma-, sa(ṃ)me-で
はなく、むしろsamya-48, saṃya-49 (< Skt. samyak)とあったことが分かる。
 (18) 曇無竭 = Gā. *Dha<ṃ>mogada
 「曇無竭」(471c23 etc.; cf. Krsh 2010: 477)からは、Gā. *Dha<ṃ>mogada (< BHS.
Dharmodgata) というガンダーラ語形が推定される。
 (19) 阿僧祇, 般泥曰, 釋迦文, 釋提桓因, 伊沙
  次に挙げる幾つかの音写も、ガンダーラ語形からの音写と考えられる。阿僧
祇(427c5 etc.; cf. Krsh 2010: 10; EH. ʔa sǝng gjiei; Gā. asa(ṃ)khea50 < Skt. asaṃkhyeya), 般
泥曰(438b25; cf. Krsh 2010: 22; EH. pan niǝi γjwat; Gā. pariṇivuda51 < BHS. parinirvṛta),
釋迦文(431a10 etc.; cf. Krsh 2010: 447f.; EH. śjiak kja mjǝn; Gā. Śakamuṇi52 < Śākyamuni),
釋提桓因(429a11; cf. Krsh 2010: 448; EH. śjiak dei γwan ʔjiǝn; Gā. Śakra~ devaṇa iṃtra~53;
Gā. Śakra~ devana i(ṃ)dra~54; Gā. Śakra de[va]ṇa i(ṃ)dra~55; Gā. Śakra~ devaṇi(ṃ)dra~56 <
Skt. Śakra devānām indra), 伊沙(431a2; cf. Krsh 2010: 566; EH. ʔjiǝi sra; Gā. iṣi57 < Skt.
ṛṣi)。
 (20) 斯陀含 = saidaǵami, 須陀洹 = sodavaṇa
 「斯陀含」(429b8 etc.; cf. Krsh 2010: 459-460; EH. sjei da gǝm)と「須陀洹」(429b8
41 CKM 252: r 12, 14; Salomon 2003: 88を参照。
42 Nasim Khan 77.8.
43 British Library Fragment 1: r 82c; Senavarman Inscription: 2 etc.
44 Nasim Khan 73.13, 81.12, 81.29, 83.53.
45 Falk/Karashima 2013: 5-55.
46 CKI 176: D2; CKI 334: 4; CKI 564: 3–4.; Nasim Khan 50.20, 52.27, 73.13, 73.18, 73.24 etc.
47 Dhp-GK: r 3b, r 77d, v 304d
48 Mansehra Rock Edict 9: 4. samya-(paṭipati).
49 Mansehra Rock Edict 11: 12. saṃya-(paṭipati).
50 Nasim Khan 73.12.
51 Senavarman Inscription: 7 = von Hinüber 2003: 23; Nasim Khan 66.42, 46, 76.12.
52 Senavarman Inscription: 11 = von Hinüber 2003: 37; Senior Fragment 14: r 21 = Salomon 2008: 354 etc.
53 Falk/Karashima 2013: 5~57.
54 BL16+25: r 25 = Lenz 2003: 144.
55 Loṇa’s reliquary inscription 1.
56 Senavarman Inscription: 10 = von Hinüber 2003: 34.
57 AG-GL: r 25a (= Salomon 2008: 220); Nid-GL: 9.2 (= Baums 2009: 242); Nid-GL: 13.58 (= Baums 2009: 268).
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
461
462
463
etc.; cf. Krsh 2010: 555; EH. sjou da γwan)も、明らかにガンダーラ語形saidaǵami58 (<
BHS. sakṛdāgāmin), sodavaṇa59 (< BHS. srotaāpanna)の音写である。しかし、これらの
語は、支婁迦讖訳に先立つ安世高訳『七處三觀經』(T.2, No.150A, 877a11~12)、金剛
寺本『安般守意經』に出る。
 以上の音写の例から見て、支婁迦讖訳『道行般若経』の原典はガンダーラ語で伝
えられていたと考えられる60。
(3) 《般若経》はガンダーラ地方で創られたか
 『道行般若経』には(446a28f.; 辛嶋 2011: 225f.)、仏の滅後、この般若波羅蜜が南
インドへ流布し、南インドから西インドを経て北インドに到る、とある。羅什訳、
施護訳も同じく、南→西→北とある。玄奘訳第五会には、南→北とある。他方、玄
奘訳第四会には、東南→南→西南→西北→北→東北とあり、梵本・蔵訳には、南→
東→北の順番で流布するとある 6 1。経路は異なっていても、南インドから最終的に
北インドに到達するという点では一致している。この記述に続いて、漢訳諸訳・梵
本・蔵訳で一致して、「北インドには大変多くの菩薩・摩訶薩がいるけれども、般
若波羅蜜を学ぶものは少ない」と釈尊が述べている 6 2。般若の教えはあるけれど
も、ここにはそれをきちんと学ぼうとする者が少ないと書いているわけである。こ
れらの記述は、《八千頌般若》の最終的な形が北インドで成立したことを示してい
る。《八千頌般若》の核となる思想は、従来言われているように、南インドのアー
ンドラ地方の大衆部の許で形成されたかもしれない。しかし、経典の形になるの
は、上の記述が明言しているように、北インドである。この場合の北インド(北天
竺、Uttarapatha)とは、他ならぬガンダーラ地方のことである。なお後で述べるよ
うに、《八千頌般若》の最後にある常啼菩薩の物語で、Dharmodgata(曇無竭)菩
薩はGandhāvatī(揵陀越)国に住んで、《般若波羅蜜》を説き、彼が建てさせた楼閣
58 Nasim Khan 36.6; Falk/Karashima 2013: 53.5. saidaǵami-; cf. CKI 358 = Reliquary Inscription of Azes year
98, B = Sadakata 1996: 308, Nasim Khan 1997; Senavarman Inscrption: 8b = von Hinüber 2003: 28. sadagami.
59 Nasim Khan 54.26f., 73.34f.; Reliquary Inscription of Azes year 98, B = Sadakata 1996: 308, Nasim Khan
1997.
60 以下の『道行般若経』からの例は、支婁迦讖が原典を中期インド語で解釈していたことを示し
ている。「所語如甘露」(431b29)は、AS.27.7 = AAA.197.16. mṛdu-vacana~ ... mita-vacana~に対応
する。支婁迦讖はmṛdu (“柔らかい”)あるいはmita (“適度な”)をamṛta (“甘露”; MI. *amita, Gā.
*amṛda, *amrida)と誤解したようである(辛嶋 2011: 62, 注 69参照)。また「菩薩至無水漿中時,
心不畏怖。自念言:“…… 願我後得阿惟三佛時,使我刹中皆有水漿,令我刹中人悉得薩芸若八味
水。”」の「薩芸若」(sarvajñaの音写; 457c29)はAS.179.21 = AAA.741.6. (tathā ca sarvasattvān)
puṇyaiḥ (saṃniyokṣye yathā ’ṣṭāṅgopetapānīyalābhino ’mī bhaviṣyanti)に対応する。支婁迦讖はSkt. puṇya
(Pkt. puñña; “功徳”)とPkt. paññā (< Skt. prajñā “智慧”)を混同したようである(辛嶋 2011: 337, 注 327参
照)。また、支婁迦讖は梵語jana(“人々”)を「禪」と訳しているが(Krsh 2010: 57~59, s.vv. 禪, 禪法を
参照)、これは梵語janaと梵語dhyāna(MI. jhāna; “禅定”)が、ガンダーラ語でjaṇa, aṇaという同じ形に
なることを反映していると考えられる。すなわち「悉逮得禪」 ( 4 2 8 c 7 ~ 8 , 1 0 )・「逮得禪者」
(454b-13)は、AS.15.3, 7, 161.5 = AAA.120.2f., 10, 666.3. pṛthagjana~ (“凡人”)に対応し(辛嶋 2011:
33, 注266; 同304, 注7)、同じく「悉逮得禪法」(428c11)はAS.15.7 = AAA.120.15. pṛthagjana-
dharma~ (“凡人法”)に対応している(辛嶋 2011: 33~34, 注269を参照)。
61 辛嶋 2011: 225f., 注289を参照。
62 辛嶋 2011: 226f.を参照。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
462
463
464
には黄金の板に書かれた《般若波羅蜜》の経巻があると言われる。この国名はガン
ダーラを暗示しているのではないだろうか。
  ガンダーラ地方で創られたと推定される《八千頌般若》の言語が、梵語・ガン
ダーラ語・それ以外の中期インド語のいずれであったかを判断するには、さらなる
研究が必要である。その際、バーミヤンで発掘され、いまスコイエン・コレクショ
ンに含まれる《八千頌般若》梵本断簡も考慮に入れる必要がある。この写本断簡
は、クシャーナ時代の書体で書かれ、三世紀前後に遡ると推定されている。この写
本を研究したLore Sander博士が列挙しているように(2000: 3f.)、この写本には中期
インド語の痕跡がかなり残っている。例えばtat kisya heto; kho, khu (< Skt. khalu);
āvusa; thera, arahatā, unminyata-niminyitāni (< BHS. unmiñjita-n imiñjitāni), bhoti (<
bhavati)などである。この梵語断簡は内容的に、《八千頌般若》の新しいバージョ
ン(すなわち、玄奘訳第四会・施護訳・梵本・チベット語訳)に近いことが分かっ
ている。このことから、おそらく、ガンダーラ語写本・『道行般若経』に代表され
る古い系統と、このクシャーナ書体梵語写本・玄奘訳第四会・梵本などの新しい系
統が、かなり早い時期に枝分かれしたことが推定される。
(4) 常啼菩薩の物語と仏像の起源
  さて、《八千頌般若》の最後に、Sadāprarudita(常啼)菩薩の物語がある。無仏
の時代に生まれた不運を嘆き啼いている彼に、空中からの声が「東方へ行って《般
若波羅蜜》を求めよ」と告げる。あてもなく東へ進んでいると、化仏が現れて、
「東の方、五百由旬にあるGandhāvatī(揵陀越)国のDharmodgata(曇無竭)菩薩か
ら《般若波羅蜜》の教えを聞くのだ」と告げられる。その言葉通りGandhāvatī国の
曇無竭菩薩のもとへ赴いた。そこには曇無竭菩薩が《般若波羅蜜》のために建てさ
せた楼閣があり、その中には宝石で出来た箱の中に黄金の板に書かれた《般若波羅
蜜》の経巻が安置されていた。常啼菩薩は曇無竭菩薩の説法を聴き、数々の三昧に
入る(『道行般若経』と『大明度経』では、さらに十方無数の諸仏に成仏の記別を
受けるという記述がある)。この話は『六度集経』に「常悲菩薩本生」という名前
で取り入れられている(T.3, No.152, 43a13f.)。
  支婁迦讖訳『道行般若経』とその改訂版の支謙訳『大明度経』に見える常啼菩薩
の物語は、鳩摩羅什訳以降の漢訳および梵本・蔵訳に比べると遙かに詳しく、また
主題も異なる。ガンダーラ美術との関係でしばしば取り上げられる『道行般若経』
の次の文(T.8, 476b17f.; 辛嶋 2011: 525f.)は、仏像の起源のみならず《八千頌般若》の
成立の時期について手掛かりを与えてくれる。
  “譬如佛般泥洹後,有人作佛形像。人見佛形像,無不跪拜供養者。其像端正
姝好,如佛無有異。人見,莫不稱歎,莫不持華、香、繒綵供養者。賢者!呼
佛神在像中耶?”
  薩陀波倫菩薩報言:“不在中。所以作佛像者,但欲使人得其福耳。不用一事
成佛像,亦不用二事成。有金,有黠人,若有見佛時人。佛般泥洹後,念佛
故,作像,欲使世間人供養得其福。”
  薩陀波倫菩薩報師言:“用佛般泥洹後故,作像耳。”
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
463
464
465
(「たとえば、仏が般涅槃なされた後、ある人が仏像を作ったとしよう。
人々は仏像を見て、みな跪き礼拝して供養する。その像は端正で、きれい
で、仏にそっくりである。人々は見て、みな賛嘆し、みな花・香・あやぎぬ
を捧げる。賢者よ、仏という神63が像の中にいると思うか?」
 薩陀波倫菩薩は答えた:「中にはいません。仏像をつくるのは、他の人に
[供養による]功徳を得させたいと思っているからに他なりません。一つの
条件で仏像はできません。二つの条件でもできません。[三つの条件が整っ
てできます。すなわち]金[きん]があり、賢い人がいて、仏在世の時に仏
を見た人がいることです。[製作者は]仏が般涅槃なされた後、仏のことを
思念するから、像を作り、世間の人々に[像を]供養させ、それぞれに功徳
を得させたいと思っています。」
 薩陀波倫菩薩は師に言った:「仏が般涅槃された後だからこそ、像を作る
のです。」)64
これには、支謙訳にのみ対応する文がある(T.8, 507a22f.)。梶山先生はこの文を支婁
迦讖の作文と考えているが65、そうではないだろう。おそらく、常啼菩薩の物語は、
ガンダーラ地方における仏像供養をひややかに見る僧が創ったものと考えられる。
彼にとっては、無仏の時代に、仏像を供養するよりも、一切智と諸仏を生み出す
《般若波羅蜜》、すなわち《般若経》を書いた経巻を供養することの方が、本当に
諸仏を供養することになると考えたのである。上に見たように常啼菩薩の物語は、
黄金の板に書かれた《般若経》経巻に言及している。このことは、この物語の成立
以前にすでに原始《般若経》が成立していたことを意味している。ある経典が創作
されて、「仏が説いた教え」として信じられるには五十年以上かかると考えられる
ので、179年に漢訳された『道行般若経』の原典は、おそらく遅くとも一世紀後半に
は成立していたと思われる。このことは、新出の《八千頌般若》ガンダーラ語写本
が紀元後47~147年に遡ることからも証左される。ガンダーラの仏像もまさにその頃
造られ始めたわけである。次々出現する仏像とその崇拝を目の前にして、『道行般
若経』の原典の作者は、造像は無仏の時代の方便にすぎないと、その流行をシニカ
ルに見ている。この記述が、『道行般若経』の焼き直しに他ならない支謙訳『大明
度経』に対応文があるだけで、それ以降のバージョンに見えないのは、時代が下が
ると、造像と仏像崇拝が普遍化してしまい、もはやそれをシニカルに見ることがア
ナクロニズムと感じられ削られたと推定される。
  『道行般若経』・『大明度経』の常啼菩薩の物語は、無仏の時代における仏像崇
拝に対して、《般若波羅蜜》経巻供養の優位性を説くことが、重要なテーマとなっ
ている。これに対して、後のバージョンではそのテーマがすっぽり抜け落ち、空の
思想を強調した抽象的・哲学的な内容になっている。筆者は、そこにガンダーラ地
方における仏像興起の時代と、仏像が普遍となった時代の違いが見られるのではな
いか、と考える。
63 「佛神」に関しては、Krsh 2010: 172を参照。
64 辛嶋 2011: 525, 注146に英訳した。
65 梶山 1976: 79.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
464
465
466
(III) 阿弥陀66
(1) 『大阿弥陀経』の原語
 《無量寿経》の最古の漢訳は、『大阿弥陀経』(T.12, No.362)と通称されるが、本
来の経題は『阿弥陀経』で、小経『阿弥陀経』が翻訳された後に、それと区別する
ために唐代以降「大」が加えられたようである6 7。この『阿弥陀経』という題から
は、*Amitāha-/Amidāha-vyūha (< Amitābha-vyūha)という原語が推定される。訳者に関
しては議論があるが、支婁迦讖訳『道行般若経』とその焼き直しである支謙訳『大
明度経』の関係は、『大阿弥陀経』とその焼き直し『無量清浄平等覚経』 ( T . 1 2 ,
No.361)の関係に相応している。支婁迦讖訳『道行般若経』の音写を、支謙は『大明
度経』で漢語に置き換えているが(経題がまさにその例である。般若→明度)、
『大阿弥陀経』に見える音写も、『無量清浄平等覚経』では殆ど漢語に置き換えら
れている。経題がまさにその例である(阿弥陀→無量清浄)。常用詞の上でも、後
者には支謙の顕著な特徴が現れている。すなわち、支婁迦讖が「我」を使うのに対
し、支謙は、より文語的な「吾」を使うが、『大阿弥陀経』になく『無量清浄平等
覚経』で追加された偈文にのみ「吾」が現れる68。従って、『大阿弥陀経』が支婁迦
讖訳で、『無量清浄平等覚経』が支謙訳であるのは、言語的に疑う余地がない。そ
れを経録の記載だけを根拠に、逆に『無量清浄平等覚経』を支婁迦讖訳とみる研究
者は、《無量寿経》の思想史的研究の出発点から間違っているわけである。
  さて、上で『道行般若経』の原語がガンダーラ語であったことを音写語から推定
した。同じく支婁迦讖が翻訳した『大阿弥陀経』にも数多くの音写が見え、それら
もまた、原語がガンダーラ語であったことを伺わせる。例えば、提惒竭羅(300b21;
*Divagara < Dīpaṃkara), 迦爲拔抵(←坻)(300a8; *Gavavati < Gavāṃpati), 摩訶羅
倪(300a13; *Moharaya < Amogharāja), 耆闍崛(300a4; *G(r)ija-guḍa), 泥犁(301a24; Gā.
ṇirea < niraya), 須摩題(303b18; *Su'amadi < *Suhāmatī < Sukhāvatī)など。また他なら
ぬ「阿彌陀」も、Amitābhaのガンダーラ語形Amitaha/*Amidaha(おそらく*Amida’aと
発音されただろう)の音写と考えられる。
 支婁迦讖訳『大阿弥陀経』の直接の原典は、おそらくガンダーラ語であったであ
ろう。この経典がそもそもガンダーラ語で創られた可能性は高い。そのことを考慮
せず、原典の成立から千年以上も経ち、かなり梵語化が進んだ梵本写本を手がかり
に、初期大乗仏典の本来の姿に近付こうとするのは不可能である。2011年に出版さ
れた藤田宏達先生の『梵文無量寿経』の校勘本は長年の研究の結晶といえるだろう
が、先生には、おそらく、このテキストは本来中期インド語で伝承されていたもの
が徐々に梵語化されたものだという認識がないため、より本来的な中期インド語の
読みを梵語の知識で"訂正"してしまっている69。いわば、先生が梵語化のプロセスの
66 以下の部分に関しては辛嶋 2010, Karashima 2013を参照。
67 藤田 1970: 51を参照。
68 辛嶋 2013を参照。
69 例えば、同書p. 64, l. 1. ’sādṛśyāは、ābṛḍha-śalyā, *āvṛdha-śalyāあるいはスコイエン写本のように
āvrīḍha-śalyāとあるのが正しい。パーリ聖典には、abbūḷhesiko niraggaḷo (ariyo pannaddhajo pannābhāro)という表現の用例がたくさん見られる。CPD, s.vv. abbūḷha-salla, abbūḷhesika参照。写本でāとsu
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
465
466
467
最後の一押しをなさったのである。
(2) 無量光Amitābha / 無量寿Amitāyus
  すでに何度か書いたことであるが、筆者はAmitābha(“無量光”)が本来の名前
で、後にその名前からAmitāyus(“無量寿”)という別名が生じたと考えている。支婁
迦讖訳『大阿弥陀経』で、この仏は無比の光明を持つ者と、繰り返し形容されてい
るが、無量の命を持つ者とは言われていない。しかも彼は般涅槃し(309a15)、その後
を廅樓亘(Avalokitasvara, 観音)が継承するとある。要するに、この最古の漢訳で
は彼は“無量寿”とは見なされていないのである。
  《無量寿経》梵本を見ると、面白いことに、Amitābhaが散文部分にのみ出るのに
対して、Amitāyuは偈頌にのみ出る───スコイエン・コレクションのアフガニスタ
ン出土梵語断簡も同様である。確かに、現在の梵語写本では、Amitāyus(Amitāyuの梵
語化された形)が散文部分で七カ所出るが、そのいずれもが、蔵訳か漢訳あるいは両
方に対応がなく、後世の挿入か、あるいは後世に、本来のA m i tāb h aをよりポピュ
ラーになったAmitāyusという語形で置き換えたものと考えられる。
  どうして偈頌にのみAmitāyuが出るのだろうか。その理由について、筆者は次のよ
うに考えている。
  Amitābha(むしろ中期インド語形のAmitāha)が偈頌で使われ、その主格・単数形
Amitābho(中期インド語形Amitāho)の語尾が韻律の関係で短音でなければならな
かった時、この仏の名前はAmitābhuあるいは中期インド語形*Amitāhuとなっただろ
う。中期インド語形*Amitāhuは、hが発音されないガンダーラ語では*Amitā’uあるい
は*Amidā’uと発音されたと考えられる──「阿弥陀」はこのガンダーラ語発音の音
写と考えられる──。このガンダーラ語の-ā’uは、梵語āyus(“いのち”)に対応する
とも理解され得た(梵語ā y u sは中期インド語でā uになる)。従ってガンダーラ語
*Amitā’u(あるいは*Amidā’u)は、“無限の光をもつ者”とも“無限の命をもつ者”とも
理解できたのである。おそらく三世紀前後から、本来ガンダーラ語など方言や口語
を多く含む言語で伝承されていた初期大乗仏典も梵語化・文言化され始めたと考え
られるが、*Amitā’u(あるいは*Amidā’u)という偈頌に出る形も梵語として理解可能
な形にする必要があった。その時、この仏の名前としては“無限の命をもつ者”とい
う名称が相応しいと考えた伝承者が、Ami tāyuと梵語化したと考えられる。こうし
て、Amitāyu / Amitāyus(“無限の命をもつ者”)というハイパーフォーム(hyperform)70
が生まれたのである。
筆者が考えるAmitābha > Amitā(b)hu > Amitāyuという展開を裏付ける例が、《法華
経・普門品》梵本の第29, 30, 32偈に見える。それらの偈では、梵語写本や蔵訳で、
Amitābha / Amitābhu / Amitāyuという読みが混在している。
はよく似ているのでsu-と書き間違いし、またbṛḍha, vrīḍhaが珍しい形なので、suvyūḍhaśalyāというハ
イパーフォームが造られ、そこからさらにsuvyūḍhasatvāなどハイパーフォームが造られた。藤田先生
が採用したasādṛśyāに至ってはパーリ以来の言い回しを知らない、ハイパーフォームの最たるもので
ある。なお、本論文では、口語の単語の意味を誤解して新たに造られた似非梵語形の意味で、ハイ
パーフォーム(hyperform)を使う。
70 ハイパーフォーム(hyperform)については前の注を参照。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
466
467
468
まずKern-Nanjio本の読みを引く: SP(KN) 454.5~455.5:
sthita dakṣiṇavāmatas tathā vījayanta Amitābhanāyakam |
māyopama te samādhinā sarvakṣetre(←°a) jina gatvā(←gandha) pūjiṣu || 29 ||
diśa paścima yatra sukhākarā lokadhātu virajā Sukhāvatī |
yatra eṣa Amitābhanāyakaḥ saṃprati tiṣṭhati sattvasārathiḥ || 30 ||
...
so caiva Amitābhanāyakaḥ padmagarbhe viraje manorame |
siṃhāsani saṃniṣaṇṇako Śālarājo va yathā virājate || 32 ||
これらの偈頌には三度Amitābha仏が出るが、実際の梵語写本や蔵訳では、Amitābha /
Amitābhu / Amitāyuという読みが混在している。
SP(KN) 454.5. Amitābha-(nāyaka~) (= C5, C6, R etc.71) (= Tib. Kanj.72 sNang ba mtha’
yas) / L2, L3, K, Bj, N2, B etc. Amitābhu- / O, D2, L1, C4, N1 etc. Amitāyu- (= Tib.
Kho. ga 45a773. TSe mtha’ yas)
SP(KN) 455.2. Amitābha-(nāyaka~) (= K, C5, C6, R etc.) / L2, L3, Bj, N2, T8, B etc.
Amitābhu- / O, D2, L1, C4, N1 etc. Amitāyu- (= Tib. Kho. ga 45b1. TSHe mtha yas
pa, Tib. Kanj. TSHe mtha’ yas pa)
SP(KN) 455.5. Amitābha-(nāyaka~) (= P1, A2 etc.) / C4. Amitābhu- / L2, L3, Bj, C5, C6,
B etc. tatha loka-(nāyaka~) / O, D2, K, N1. Amitāyu- (= Tib. Kho. ga 45b2. TSe
mtha’ yas pa, Tib. Kanj. TSHe mtha’ yas pa)
また《阿弥陀経》(the Smaller Sukhāvatīvyūha)は、散文のみからなるにもかかわら
ず、《無量寿経》梵本とは逆に、一カ所を除いて、全編、二次的なハイパーフォー
ムであるAmitāyusが使われている。その例外的な一カ所とは、この仏がなぜ二つの
名前を持つかが説明される部分である。
  tat kiṃ manyase Śāriputra! kena kāraṇena sa tathāgato ’mitāyur nāmôcyate? tasya
khalu punaḥ Śāriputra! tathāgatasya teṣāṃ ca manuṣyāṇām aparimitam
āyuḥpramāṇam. tena kāraṇena sa tathāgato ’mitāyur nāmôcyate. tasya ca
Śāriputra! tathāgatasya daśa kalpā anuttarāṃ samyaksaṃbodhim
abhisaṃbuddhasya. tat kiṃ manyase Śāriputra! kena kāraṇena sa tathāgato
’mitābho nāmôcyate? tasya khalu punaḥ Śāriputra! tathāgatasyâbhâpratihatā
sarvabuddhakṣetreṣu. tena kāraṇena sa tathāgato ’mitābho nāmôcyate.(“舍利弗
71 《法華経》梵本Saddharmapuṇḍarīkasūtraの略号は次の通り: B = Or. 2204, 大英図書館蔵写本; Bj = 北
京,民族文化宮図書館旧蔵写本(1082年書写); C4, C5, C6 = ケンブリッジ大学図書館蔵写本, Add. No.
1683, No. 1684, No. 2197; D2 = インド国立文書館(ニューデリー)蔵のギルギット写本; K = 東洋文庫
所蔵の河口慧海将来写本(1069/70年書写); L1 = ラサのポタラ宮所蔵写本; L2, L3 = ラサのノルブリ
ンカ所蔵写本(それぞれ1065年と1067年に書写); N1, N2 =ネパール国立文書館(カトマンズ)所
蔵写本のNo. 4–21とNo. 3–678; O = 所謂カシュガル写本,実際はカーダリックで出土し、カシュガ
ルで購入された; R = 英国王立アジア協会(ロンドン)所蔵写本, No. 6; T8 = 東京大学総合図書館所
蔵写本, No. 414.
72 Tib. Kanj. = カンジュル中のDam pa’i chos padma dkar po; Karashima 2008: 215f.参照。
73 Tib. Kho. = 国立民俗学博物館(ストックホルム)に所蔵のコータン出土チベット語訳《法華経》古
写本; Karashima 2008: 215f.参照。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
467
468
469
よ!どう思うか。なぜその如来はAmitāyusと呼ばれるのだろうか。実は、舍
利弗よ!その如来とそこの人間たちの寿命の量が無限なのである。だからそ
の如来はAmitāyusと呼ばれるのだ。舍利弗よ!その如来が無上の正覚を得て
から十劫が過ぎている。舍利弗よ!どう思うか。なぜその如来は Amitābha
と呼ばれるのだろう。実は、舍利弗よ!その如来の光は一切仏国土において
遮られることがない。だからその如来はAmitābhaと呼ばれるのだ。”)
漢訳だと、この二つの名前の区別がつかない。
「舍利弗!於汝意云何?彼佛何故號阿彌陀?舍利弗!彼佛光明無量,照十方
國無所障礙。是故號爲阿彌陀。又舍利弗!彼佛壽命及其人民無量無邊,阿僧
祇劫。故名阿彌陀。舍利弗!阿彌陀佛成佛已來於今十劫。」
藤田先生は、阿弥陀仏は本来、AmitābhaとAmitāyusという別々の名前で信仰され
ていたと考えておられる。そしてAmitābhaを信奉していたグループが《無量寿経》を
編纂し、他方Amitāyusを信奉していたグループが《阿弥陀経》を編纂したと考えてお
られる。先生によれば、二つの経典はほぼ同じ頃に異なった視点から編纂されたと
いうのである。しかし、この説は極めて恣意的な説であるといわざるを得ない。
おそらく、本来Amitābhaの《無量寿経》偈頌におけるハイパーフォームであった
Amitāyu (= Amitāyus)は、段々とポピュラーになり、この仏のより相応しい名前とし
て人々に受け入れられ、そして終には散文でも使われるようになったと考えられ
る。こうしていつのまにか、一つの仏が全く異なる名前と概念──すなわち“無限の
光をもつ者”と“無限の命をもつ者”──を持ったのである。しかし、この仏を信仰す
る人々は、二つの仏名が同一の仏を指していると知っていて、神々や人々が別名を
持つのと同様74、そのことに大した違和感がなかったかも知れない──上の「弥勒」
に関する考証で指摘したようにGaṇḍavyūha第54章(Maitreya)の散文ではMaitreya、偈
ではMaitrakaが出るのと同じ現象である。
さて、『大阿弥陀経』に見えるさまざまな音写語から判断して、《無量寿経》は
本来ガンダーラ語で伝承されていたと考えられる。それに対して《阿弥陀経》は、
《無量寿経》よりも成立が遅く、最初から(仏教)梵語で創られたと考えられる。
その(仏教)梵語時代の《阿弥陀経》の作者は、この仏をAmitāyus(もはや偈頌内
のAmitāyuの形ではない)として信仰していたに違いない。そのような背景をもつ作
者が、もはや梵語の語形上では関連付けられないAmitāyusとAmitābhaが同一の仏を
指すことを何とか説明付けようとして、上に引いた文を創ったのではないだろう
か。
  Amitābha(口語ではAmitāha/*Amidāhaとあったであろう)は、最古の漢訳『大阿弥
陀経』の記述から見て、「無量なる光をもつ(仏)」と理解されていたことは明ら
かである。また、マトゥラーで出土した仏像の足部のみを残す台座に、その仏像造
立の縁起を書いた銘文があり、「仏Amitābhaの像」(buddhasya Ami tābhasya
pratimā)と書かれている。この銘文はHuviṣka26年(紀元後180/181年)の日付があり、
74 例えば、IndraはŚakra, Magavā, Purandara, Vāsava, Sahasranetraなど数十の別名を持つ。また、Śiva神
はHara, Śaṃkara, Mahādeva, Maheśvaraなど数百の別名を有するという。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
468
469
470
この名前が古いことが分かる。
  梵語ではamitaは「無量」の意味しかないが、口語では、amita(あるいはamida)
が、梵語amṛta(“死を離れた、もはや再生しない、涅槃;甘露”)75に対応すると解釈す
ることも可能であった76。後で紹介するフロリダRingling博物館に収蔵されている紀
元後三、四世紀のものとされる仏三尊像のこの主尊は阿弥陀仏と推定されるが、そ
の像の真下に「BudhamitraのAmridaaへの(供物)」とあり、阿弥陀仏がamṛtaと結
びつけて解釈されたことを示す。また類似した形Amritā(bhya)が、パキスタン北方
Thalpanの石刻碑文に見える(IBInsc III 169, Thalpan 53.3)。コータン語のArmätāya,
Armetāyaも、*Amṛtāyuという解釈に基づくと思われる77。この仏の名前をamṛtaと結
びつけて解釈することは、《悲華経》など時代の下がる文献にも見られる78。しか
し、上にも述べたように、「無量なる光をもつ(仏)」が本来的な意味であったと
筆者は考えている。
75 Schmithausen 2000: 38f., Norman 2006: 17f.によれば、仏典のamṛtaは「不死」(immortal; Unsterblichkeit)の意味ではなく、“死を離れた、もはや再生しない”(without death; Aufhörung der Wiedergeburt)の意
味であり、涅槃と同義である。
76 amitaを梵語のamṛtaに対応すると考えることが可能だったことは、次の三点からも確かめられる。
(1) 口語のArdhamāgadhīではamiya (< Skt. amṛta), またBhāsaに帰されるドラマ(600~800年頃)で使われる
口語ではamida, amia (< Skt. amṛta)の形が出る。(2) 現代語でもamiyā, amia, amī (CDIAL 571 amṛta)とな
る。(3) Mvu I 117.13. Amitakīrtiは幾つかの写本でAmṛtakīrtiとなっている。従って、amitaと聞いた人々
が、amṛtaを連想した可能性は大いにある。
 梵語では別々の語形でも、口語では同じ語形になるものは数多い。逆に言えば、口語の段階では二
つの意味を持った単語が、梵語化すると一つの語形に限定され、もはや本来の意味が理解できない例
が、仏典には数多くある。例えば、釈尊が死の直前に弟子の阿難に「自らを灯明(dīpa)とし、法を灯
明(dīpa)とせよ」という言葉を遺言として残したといわれる。このdīpaは、梵語では「灯明」の意味
としかとれないが、口語で考えれば、「灯明」とも「島」(梵語dvīpa)とも理解できる。実際、この釈
尊の遺言は北伝仏教では「灯明」と解釈し、南伝仏教やチベット語仏典では「島」となっている。お
そらく釈尊もそれを聞いた阿難も、そのどちらではなく、dīpaという一語で、両方の意味を持たせた
はずである。後の時代になって、口語と梵語とに伝承が分かれた結果、本来両方の意味を持っていた
dīpaが、dīpaとdvīpaの二つの解釈に分かれたのである。
77 Arm-はAmṛ-の音位 転換(metathesis)である。この点に関し、コータン語専門家のMauro Maggi博士に
ご教示頂いた(2014年2月3日)。
78 Yamada 1968, vol. 1, 192f.; IBInsc III 170を参照。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
469
470
471
(IV) 観音Avalokitasvara79
(1) 漢訳語:「○音」から「○自在」へ:「闚音」「現音聲」「光世音」「觀世
音」「觀音」「觀世自在」「觀自在」
  観音菩薩は、数多い仏教の菩薩の中でも、古今を問わず、もっとも信仰される対
象である。これだけ親しまれてきた菩薩にもかかわらず、また、これまでに数多く
の論文が現れたにもかかわらず、その信仰の起源とこの菩薩の名前の由来は、二千
年の星霜のヴェィルに包まれてはっきり分かっていないのが実情である。ここでは
《法華経・普門品》を中心に、この菩薩の名前の由来と変遷を見ることにしよう。
結論を先に述べるなら、《法華経・普門品》の偈頌では、観音菩薩は「音を観る菩
薩」ではなく、「念を観る菩薩」と理解していたと推定され、その理解の方がより
本来的であると筆者は考えている。
 まず、観音の梵語形だが、五、六世紀のものと推定される中国旅順博物館とハー
バード大学蔵の中央アジア出土《法華経》梵語断簡には、Avalokitasvara(“音を観
察する者” ? )という形が八度出る。キジルから出土した同じくらい古い梵語断簡に
も(Apa)lokidasvaraという形が見える。他方、七世紀に遡るパキスタンのギルギット
出土《法華経》梵語写本、八、九世紀に遡ると考えられるコータン出土《法華経》
写本や十一世紀以降のネパール・チベット出土《法華経》写本ではAvalokiteśvara
(“自在を観察する者”?)となっている。このAvalokitasvaraからAvalokiteśvaraへの変
遷は、漢訳仏典にも見て取れる。
  まず、支婁迦讖訳の『大阿弥陀経』などに「廅樓亘」という音写が出るが、この
音写からはAvalo...svarという原語が推定されるが、正確な原語の形を復元すること
は不可能である。
 紀元後180年頃に訳された安玄訳『法鏡経』(T.12, 15b5)と、支謙(220~257年頃翻
訳に従事)が訳した『維摩詰経』(T.14, 519b16)と『無量門微密持經』(T.19, 680b13)
に「闚音」という訳語が見える。「闚」はavalokita(“見た”)、「音」はsvara(“音”)
の訳で、Avalokitasvaraに対応する。
 次に、竺叔蘭と無羅叉が291年に訳したとされる『放光般若経』には「現音聲」と
いう訳語が見える(T.8, 1b3)。実は古い文献においては「現」という漢字は現れず、
「見」が「見る」( j i àn )と「あらわす」(x i àn )の両方の意味で使われていたのであ
る。しかし、後になって、意味の違いをはっきり示すために、文脈に応じて「あら
わす」の意味の「見」を「現」に置き換えていったのである。「現音聲」も、本来
は「見音聲」(音声を見る菩薩)とあったと考えられる。従って、この訳語も
Avalokitasvaraをavalokita(“見た”)とsvara(“音”)で解釈したものである。
  次に、竺法護 ( 2 6 5 ? - 3 1 1年頃翻訳に従事 )は、『正法華経』のみならず ( T . 9 ,
128c~129c; 286年訳)、他の経典でも一貫して「光世音」と訳している。竺法護は多
くの言語に通じていたと言われるが、実際は、梵語と中期インド語をごちゃまぜに
理解したようで、ファンタジーに富んだ訳語を造っている。逆に言うと、彼の翻訳
をきちんと理解するには、梵語のみならず、中期インド語の知識が必要ということ
79 以下の部分に関しては辛嶋 1999を参照。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
470
471
472
になる。さて、西北インドのガンダーラ語では、-bh-と-v-の区別がない(日本語と
同じである)。またその言語を記したカローシュティー書体では、母音の長短の区
別が示されない。それで、竺法護は、Avalokitasvaraのava-を梵語ābhā(“光”)と理解
して「光」と訳し、lokita(“見た”)を梵語loka(“世間”)に結び付けて「世」と訳し、
svara(“音”)を「音」と訳し、結果として、この「光世音」という訳語が出来たよう
である。実際、梵語ābhāのガンダーラ語形avaは、バジョール出土ガンダーラ語大乗
経典に見える80。
  この「光世音」という竺法護の特殊な解釈に基づく訳語は、彼の死後、その筆受
者であった聶道真(四世紀初に翻訳に従事)によって、「觀世音」と“修正”される。
『文殊師利般涅槃経』(T.14, 480b8)や『大宝積経』「無垢施菩薩応弁会」(T.11, 556a
13, 24)などに見える。彼は、Avalokita-を常識的に「見る」の意味でとって、「觀」
と訳したが、「光世音」の「世音」を温存した結果、奇妙な訳語となっている。こ
の「觀世音」という訳語は、鳩摩羅什や法顕に踏襲され、さらに五世紀の翻訳経典
まではこの訳語が主流であったようである。
  この「觀世音」から「觀音」という省略形が出来た。「觀音」という漢語は、鳩
摩羅什門下の道生が五世紀前半に記したとされる『法華経疏』の例や求那跋摩が431
年に訳したとされる『竜樹菩薩為禅陀迦王説法要偈』の例(T.32, 747c22)がもっとも
古いようである。勿論、『妙法蓮華経・普門品』の偈頌にも「念彼觀音力」と繰り
返し出る(T.9, 57c)。しかし、『普門品』の偈頌は、羅什訳には本来欠けており、
601年に闍那崛多が訳した『添品妙法蓮華経』から挿入されたと考えられる。『法華
經疏』や『普門品』を始め,「觀音」という語が出る文献では、概して「觀音」
と「觀世音」の両方を使っており、また、『竜樹菩薩為禅陀迦王説法要偈』や
『普門品』のように、多く偈頌に見える。従って、新しく翻訳された語というよ
り、句の語数を整えるために「觀世音」を略して「觀音」としたのではないかと
思われる。
  さて、六世紀になると、従来とは異なる新しい訳語が現れる。まず、菩提流支、
(瞿曇)般若流支、那連提耶舎、闍那崛多、仏陀扇多などが「觀世自在」という新
しい訳語を使うようになった。おそらく「光世音」に由来し「觀世音」に引き継が
れた「世」に引き摺られて、このような訳語になったと考えられる。さらに七世紀
半ばの玄奘は、従来の訳語を排して「觀自在」という訳語を使った。「觀世自在」
も「觀自在」も、「音」に替わって「自在」(īśvara)という語を含み、漢訳が基づい
た梵語写本でAvalokitasvaraからAvalokiteśvaraに変わったことを反映していると考え
られる。
  これ以外に「觀世音自在」という訳語が唐代の密教経典などに見えるが、これ
は、おそらく「觀世音」と「觀世自在」を併せたか、あるいは「觀世音」と「世自
在」と結びつけて出来た語で、原語を直訳したものとは考えられない。
80 Nasim Khan 82.3.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
471
472
473
(2) AvalokitasvaraからAvalokiteśvaraへ
  上に見たように、「闚音」、「現音聲」、「光世音」、「觀世音」という古い訳
語は、Avalokitasvaraという形に対応している。一方、六世紀の翻訳経典に見える
「觀世自在」と七世紀半ばの玄奘が使った「觀自在」は、Avalokiteśvaraに対応して
いる。他方、すでに述べたように、五、六世紀のものと推定される中央アジア出土
《法華経》梵語断簡には、Avalokitasvaraとあるが、七世紀以降に書写された梵語
写本などでは全てAvalokiteśvaraとなっている。これらの事実から、六世紀前後に
Avalokitasvaraという古い形からAvalokiteśvaraという新しい形への移行があったと推
定される。
  では、どのようにAvalokitasvaraがAvalokiteśvaraに変化したのだろうか。二つの
可能性がある。
  (1)sとśとの交替はインド、ネパール、中央アジアに亘る広範囲の地域と様々
な時代の梵語写本や碑文においてごく普通に見られる。sv / śvの交替例も少なくな
い。おそらくAvalokitasvaraは伝承のある段階で誤って*Avalokitaśvaraと発音され、
さらに隣接するśの影響で母音aはeとなり、結果としてAvalokiteśvaraという形が生じ
たのだろう。この変化の際には、Īśvara(自在天)という語が連想された可能性も十分
に考えられる。
  (2)もう一つのより高い可能性は、この菩薩は、本来、ガンダーラ地方の神で
あり、梵語とは本来関係のない名前だったということである。後に見るように、ガ
ンダーラ出土の三、四世紀の観音像下の碑文にO l o i ś p a r eとある。このことか
ら、本来の意味は分からないが、例えば*Oloki(t)asparaあるいは*Oloki(t)aśparaの
ような語形から、ある時点でAvalokitasvaraというハイパーフォームが造られ、
さらに後にAvalokiteśvaraという別のハイパーフォームが造られたと考えられる。
 なお、Avalokitasvara > *Avalokitaśvara > Avalokiteśvaraという音変化は、同じ《法
華経》梵語写本に見られるMeghasvara / Meghaśvara / Megheśvaraの交替からも裏付け
られる。
  さて、一旦Avalokiteśvaraという語形が新たに造られると、この菩薩をより積極的
にĪśvaraに結び付けて解釈しようという試みがなされた。現代の研究者もこの空し
い解釈を続けている。梵語文法研究で最高峰であったフランスのインド学者ルイ・
ルヌー(Louis Renou)は、梵語文法に沿って“celui qui contemple (ou qui vénère) le
Seigneur”(自在者を観想するあるいは敬う者)と解釈をしている。梵語としてはル
ヌーのようにしか解釈できないだろう。しかし、問題は、Avalokiteśvaraという語形
は、六世紀以降の梵語化の産物であり、本来の形ではないということである。後か
ら出来た語形をĪśvaraに結び付けて、どんなに解釈しようと、それは単なる「こじ
つけ」に過ぎない。
  観音の原義を知るためには、経文自体に立ち返る必要がある。そこで、観音に関
してもっとも詳しい記述のある《法華経・普門品》の経文を読み、そこで縷々述べ
られるその名前の由来を見ることにしよう。ただ、同じ《普門品》でもその散文部
分と韻文部分(偈頌)では説かれる内容に違いがある。まずは、散文部分から見る
ことにしよう。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
472
473
474
(3)《普門品》の散文部分に見られる観音の語義
(3.1) なぜ観音は観音と呼ばれるか
  《法華経・普門品》の散文部分の冒頭で、無尽意菩薩は世尊に「なぜ観音菩薩
大士は観音と呼ばれるのですか」と問いを発し、世尊がそれに応えて観音の語義
とその威力を述べる。以下に、まず梵本の記述を見てみよう。
(I)この世で多くの衆生が様々な苦しみを受けているが、彼らがもし観
自在菩薩大士の名を聞くならば、みなその苦しみから免れるだろう。
(II)観自在菩薩大士の名を憶持するものは、もし大火の中に落ちても、
観自在菩薩大士の威光により、この大火から免れるだろう。
(III)また、衆生が河に流されても、観自在菩薩大士を大声で呼べば、河
は彼らに浅瀬を与えるだろう。
( IV)また、たくさんの人々が金や宝石を求めて航海しているとき、暴
風によって羅刹の島に打ち上げられても、彼らのうちの誰か一人が観自
在菩薩大士を大声で呼べば、彼らはみな羅刹の島から逃れるだろう。
 世尊は観自在菩薩のこれら四つの威力を挙げて、それを纏めて「こういうわけ
で、観自在菩薩大士は『観自在』と名付けられるのだ。」と言う。さらに続け
て、以下の観自在菩薩の威力を列挙している。
(V)処刑されようとしている人が、観自在菩薩を大声で呼べば、処刑者
たちの刀は砕ける。
(V I)三千大千世界に夜叉・羅刹が満ちていても、観自在菩薩の名前を
となえれば、彼らは(その人を)見ることもできない。
(VII)ある人が木製、鉄製の足枷・手枷・枷に繋がれていても、観自在
菩薩の名前をとなえれば、すぐさま足枷・手枷・枷に(手足を抜く)すき
まが生じる。
(VIII)かりに、財宝をたくさん持った大きな隊商が剣を手にした盗賊な
どにであったとしよう。彼らがおそれおののいているとき、その隊商を
率いる隊長は、彼らに言う。「おそれることはない。みんなで声を合せ
て、安寧を与えて下さる観自在菩薩を大声で呼びなさい。そうすれば、す
ぐさまこの危険を免れる」と。そこで、みんなは声を合せて「かの安寧
を与えて下さる観自在菩薩大士に帰依します」と観自在を大声で呼ぶ。
名前を称えるやいなやその隊商は危険を免れるであろう。
( I X)観自在菩薩に帰依すれば、貪欲・憎しみ・無知をもつ者はそれら
がなくなり、男の子が欲しい者にはすばらしい男の子が、女の子が欲し
い者にはすばらしい女の子が生まれるだろう。
(X)六十二のガンジス河の砂の数ほどの多くの仏を敬い、それらの名前
を(心に)保持し、あるいはそれら諸仏に様々な生活必需品を供養した
場合の功徳と、観自在菩薩をただ一度でも帰依し、その名前を(心に)保
持する場合の功徳は全く等しい。観自在菩薩の名前を(心に)保持する
功徳はこのように計り知れないのだ。
 竺法護訳『正法華経』(T.9, 128c19f.)と羅什訳『妙法蓮華経』(T.9, 56c3f.)の記述
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
473
474
475
も概ね梵本に一致する。
(3.2) 声を観る菩薩
  上に引いた《法華経・普門品》梵本の記述から、この菩薩の名前とĪśvara(自在
天)との結びつきが本来なかったことは明らかである。上記、観音の語義と威力の
リストのうち、(III)~(VIII)はこの菩薩を「大声で呼ぶこと」やその「名をとな
えること」で救済されると述べている。すなわち衆生が菩薩の名前を声 ( 梵語
svara )に出したとき、それに応えて菩薩が救済してくれるというのである。この菩
薩の名前の意味を説明する個所(とくにIII,IV)で、菩薩名と声が結び付けられて
いる以上、菩薩名は本来、中央アジア出土の《普門品》梵本断簡のようにAvalokita-
svaraとあったと考える方がよいわけである。逆に言えば、《普門品》の散文部分の
この菩薩名の説明の記述は、Avalokita-svaraという形を想定して初めて理解できるの
である。また、羅什訳に「觀世音菩薩即時觀(avalokita)其音聲(svara),皆得解脱」と
いう表現が見えるが(56c7)、これは『普門品』の散文部分に縷々述べられる観音の
定義を簡明に表している。
  《普門品》散文部分の作者がAvalokita-をどう理解していたかは、散文部分の梵本
からは明らかではないが、羅什訳のように、Avalokita-svaraという複合語を“声を観
るもの”と理解していたと考えられる。
  しかし、音は聞くものであって、見るものではないことは、古今東西同じはずで
ある。一体、どうやって「声を観る」ことができるのだろうか。「声を観るもの」
というこの菩薩名の定義には、問題があるといえる。続いて《普門品》の韻文部分
での記述を見てみよう。
(4)《普門品》の韻文部分に見られる観音の語義
(4.1)《普門品》の散文部分と韻文部分の関係
 《普門品》の偈頌は、竺法護訳(286年訳)、本来の羅什訳(406年訳)、五、六世紀に
遡る中央アジア出土梵語断簡に欠けており、《法華経》に組み込まれたのは比較的
遅いといわれている。しかし、そのことが直ちにその成立が五、六世紀まで下がる
ということを意味しているわけではない。観音信仰を讃える詩として早くから民間
に流布し有名であった偈頌が、ずっと後になって《法華経》に組み込まれた可能性
もあるのである。《普門品》の散文部分と韻文部分のどちらが早く成立したかは、
《法華経》に組み込まれた時期の先後で判断することはできない。
  《普門品》の散文部分は、諸本一致して、無尽意菩薩の問いかけに対して世尊が
答える形式をとっている。それに対し、偈頌の導入部は、諸本間で混乱がある。荘
厳幢( Citradhvaja)という菩薩が突然登場して無尽意菩薩に観世音について質問
し、それに無尽意菩薩が答えるという形になっているが、これは《法華経》の
他の部分の形式と異なる。この点も、この偈頌が、本来《法華経》とは別個に
伝承されていたことを示している。このように《普門品》の散文部分と偈頌は、
成立した時代や背景も異なると思われるが、内容的には対応した部分も多く、どち
らかがどちらかを参照したことは明らかである。では、どちらが先に存在したのだ
ろうか。《普門品》の散文部分を参考にして偈頌を作り、それを《普門品》の中に
はめ込めたにしては、偈頌の形式があまりにも《法華経》の形式とずれている。む
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
474
475
476
しろ偈頌(あるいはその祖型)が民間に伝承されていて、それに基づいて《法華
経》の編者が《普門品》散文部分を作り、さらに時代が下って、その偈頌も《法華
経》に組み込まれたと考えられる。
 では、その偈頌では観音はどのように描かれているのだろうか。
(4.2) なぜ観音は観音と呼ばれるか
  散文部分が、無尽意菩薩の世尊に対する「なぜ観音は観音と呼ばれるのです
か」という問いかけで始まったように、偈頌でも荘厳幢菩薩の「なぜ観自在と呼
ばれるのですか」という無尽意菩薩への問いかけから始まる。この質問に答える
形で第4偈から観自在菩薩の威力が次々と述べられる。
  「観自在」という語の語義を尋ねられたのに、語義を直接述べず、その威力を列
挙する構造は散文部分と同じである。従って、他ならぬこの威力を述べている部分
に語義説明が隠されていると考えるべきである。
  列挙された観自在の数々の威力のなかには、散文部分と対応するものも幾つかあ
る。散文部分での威力の列挙に使った(I),(II),(III)……の数字を使って、
偈頌との対応を示す。
散文(I)≒ 第4偈:(観自在の名を)聞くことあるいは(彼を)見ること
でも、そして次に(彼を)追憶すること(anusmṛti)により、衆生のあらゆる
苦悩と生存の憂いは今世で間違いなく消える
散文(II)≒ 第5偈:悪意をもった人が殺害するために(ある人を)火の坑
につき落としたとして、(その人が)観自在を念じていると ( s m a r a t o
Avalokiteśvaraṃ)、火は水を懸けられたかのように消える
散文(III) 第6偈:(ある人が)ナーガ、マカラ、阿修羅、化け物の棲む
海の難所に落ちたとして、(その人が)観自在を念じていると、海には決し
て沈まない
散文(V)≒ 第10偈:(ある人が)処刑者たちの手に落ち、いまにも処刑
されようとしているとして、(その人が)観自在を念じていると、そのと
き刀はこなごなになる
散文(VI)≒ 第13偈:精力を奪う夜叉、ナーガ、阿修羅、化け物、羅刹が
(ある人が)取り囲んだとして、(その人が)観自在を念じている間、毛穴
(さえも)害することはできない
散文(VII)≒ 第11偈:(ある人が)木製、鉄製の足枷・手枷・枷に繋が
れたとして、(その人が)観自在を念じていると、すぐさま枷はゆるむ
散文(VIII)≒ 第9偈:(ある人が)殺意をもち、剣をもった敵に囲まれた
として、(その人が)観自在を念じていると、すると(彼らは)すぐさま好
意的になる
(4.3) 念ずる者を救済する菩薩
  散文部分と偈頌で対応するものを比較して、すぐ気付くことは、散文部分では、
観音菩薩を「大声で呼ぶこと」「名をとなえること」で救済されていたのに、韻文
では、「念ずること」により救済されることである。
  上に列挙した偈頌以外の偈頌でも、観音菩薩を「念ずること」(√smṛ)は繰り返し
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
475
476
477
説かれるが、観音菩薩の名前を声に出すことは全く説かれていない。逆に、散文部
分では、観音菩薩を「念ずること」(√smṛ)は全く出てこない。このように散文部分
と偈頌では、観音の性格が全く異なるのである。
  散文部分、偈頌どちらも、この菩薩の名前の由来を尋ねる質問に答える形で、こ
のような記述がなされていることに注意すべきである。つまり、ここには、その名
の由来が述べられているはずなのである。従って、散文部分と偈頌とでの観音の性
格の違いは、その名前の捉え方の違いを反映しているはずである。
  この観音の性格の違いを端的に言うならば、散文部分では、この菩薩の名前・威
力はsvara(“声、音”)と結び付けて説明されていたが、偈頌ではsmara(“念”)と結び付
けて説明されているということである。
  では、散文部分と偈頌とにおける、同じ菩薩名の由来の説明に、なぜこのような
違いが生じたのだろうか。
(5) *Avalokita-smaraがAvalokita-svaraになる
(5.1) svaraが“声、音”と“思念”を意味する
  この《普門品》偈頌の梵語写本を子細に見ると、西北インド方言ガンダーラ語
に特徴的な-aṃ / -o, -uの交替が見られ、その言語との結び付きが推測される。こ
の少なくとも紀元前三世紀から紀元後三世紀まで使われたガンダーラ語では、
梵語のsmとsvが同じ形になる。この言語で書かれたアショーカ王碑文では、ど
ちらもspになり、コータン出土ガンダーラ語《法句経》・バジョール出土の大乗
経典ではどちらもsvになる。例えば、anusmaran > aṇusvaro; smṛti > svadiなど。さ
らに最近見つかったAnavatapta-gāthāという写本では、梵語sm, sv, śvが全部śpにな
る。例えば、asmi > (a)śpi, tasmāt > taśpi, smara > śpara, smarāmi > śparami; visvaram >
viśparo, svayam > śpaya, svakam > śpagho; īśvaraḥ > iśpareなど。従って、アショーカ
王碑文のタイプ(sp)、ガンダーラ語《法句経》・バジョール出土の大乗経典のタイ
プ(sv)、Anavatapta-gāthāタイプ(śp)のいずれでも、梵語smara(“思念”)とsvara(“声、
音”)とは、svara, sparaあるいはśparaという同じ形になる。言い換えれば、ガンダー
ラ語ではsvara(śpara, spara)は、“思念”と“声、音”を意味していた。
  《普門品》の偈頌に、本来smaraとsvaraが同じ形になっていたことを示す痕跡が
ある。それは、第24偈である。
meghasvara dundubhisvaro jaladharagarjita brahmasusvaraḥ /
svaramaṇḍalapāramiṃgataḥ smaraṇīyo Avalokiteśvaraḥ //24//
(“雷雲のような響き、太鼓のような響き、海のような轟き、梵天のような
きれいな声をもち、音の領域で完璧さに到達した観自在を念ずべし”81)
  この第24偈は《普門品》の偈頌で唯一、観音とsvara(“声、音”)を関連付けている
偈である。本来、AvalokiteśvaraではなくAvalokitasvara(あるいは*Avalokitaśpara)と
あり、smara-もsvara-(あるいはśpara-)という形になっていたと想定すると、この偈
は、
*meghasvara dundubhisvaro jaladharagarjita brahmasusvaraḥ /
81 「妙音觀世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念」(58a26f.)と漢訳されている。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
476
477
478
svaramaṇḍalapāramiṃgataḥ svaraṇīyo Avalokitasvaraḥ //82
あるいは
*meghaśpara dundubhiśparo jaladharagarjita brahmasuśparaḥ /
śparamaṇḍalapāramiṃgataḥ śparaṇīyo Avalokitaśparaḥ //
となり、“声、音”と“念”の両方の意味をもつsvara(あるいはśpara)を六度も繰り返す
言葉遊びになっている。同様に、《普門品》の偈で繰り返される s m a r a t o
Avalokiteśvaraṃという句は、ガンダーラ語では、*svarato Avalokitasvaraṃあるいは
*śparato Avalokitaśparaṃとあったはずで、ここにも言葉の遊びがあったと考えられ
る。
(5.2) Avalokitasvara: “声を見る者” / “念を見る者”
 先に、Avalokitasvaraという菩薩名は、《普門品》散文部分ではsvara(“声、音”)と
結び付けて、偈頌ではsmara(“念”)と結び付けて解釈されていることを見たが、その
原因は、ガンダーラ語でsvaraが“声、音”と“念”の両方の意味をもったことにあると
推定される。すなわち、散文部分の作者は、Avalokitasvaraという名前を“声を見る
者”と解釈し、偈頌の作者は“念を見る者”と理解したのである。
 実は鳩摩羅什も、Avalokitasvaraが“声を見る者”と“念を見る者”の両方にとれると
考えていたようである。羅什の弟子僧肇が記した『注維摩詰経』には、「世間で危
難があったとき、観世音菩薩の名をとなえて帰依すれば、菩薩はその声を観察し、
(その人は危難から)すぐに免れる。『観世念』ともよばれる」(T.38, 331a25f.)と
いう羅什の解説を紹介している。
 では、Avalokitasvaraが“声を見る者”と“念を見る者”の両方に解釈されたとして、
どちらの解釈が古い、すなわち、より本来的なのだろうか。
  この問題は、《普門品》の散文部分と偈頌のどちらが成立が早いかという問題に
も関わってくるが、上で述べたように、筆者は、偈頌の方が散文部分より成立が古
いと考える。
  また、Avalokitasvaraという複合語を考えたとき、avalokita(“見られた”)+svara
(“声、音”)と解釈するよりも、avalokita(“見られた”)+smara(“念”)と解釈する方が自
然だろう。少なくとも筆者は音や声を見ることはできない。しかし、思念は見て取
ることができる。筆者が声を見ることができないのと同じく、古代インド人も声を
見ることはできなかったようで、梵語、パーリ語、中期インド語の文献を調べて
も、svara(“声、音”)あるいはその類義語とava√lok(“観る”)が結び付いた例は見つか
らない。ava√lokがsmara(“念、愛”)と結び付いた例も見つからないが、それに類似
した表現は数多くある。すなわち、adhyāśaya(“願い、心の状態”), āsaya(“心の状態”),
citta(“心”), cittācāra(“考え方”), cittāśaya(“考え”), Pā. manaṃ(“意”)などを世尊が「見
る、見てとる」(梵語 ava√lok, パーリ語oloketi)という表現である。これらと同じよ
うに、心の中にあるsmara(“念”)を「見る」(ava√lok)ことは可能である。だから、
Avalokitasvaraの解釈としては、“念を見る者”とする《普門品》偈頌の方が、理に
82 再構成した偈では、ガンダーラ語におけるsmara > svara以外の音変化は無視している。目下の論点
に関係がないからである。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
477
478
479
かなっている。
(6) 観想するOloiśpara像
 さて、フロリダRingling博物館に収蔵されている紀元後三、四世紀のものとされる
仏三尊像は、色々と議論されて来た83。この三尊像は向かって左の部分を欠き、主尊
と向かって右の半跏思惟像を残すのみである。台座にカローシュティー文字で次の
ようにある。dhamitrasa oloiśpare danamukhe budhamitrasa amridae (以下欠損)。カ
ローシュティー文字を読まない人たちは、ローマ字化された文だけを見て、この文
字が右から左へと書かれることを意識しないようである。しかし、この銘文は真上
の座像と関連付けて解釈しなければならない。向かって右側に、右手人差し指を額
に当て、蓮華を下げた半跏思惟の菩薩像、すなわち観音像の可能性の高い像があ
り、その真下に「Dhamitra84のOloiśparaへの供物」と書かれている。真ん中の仏は蓮
華座に坐り、説法印を結んでいる。阿弥陀仏国は蓮華と連関が深い点から考えて、
この主尊は阿弥陀仏と推定されるが、その像の真下に「BudhamitraのAmridaa85への
(供物)」とある。残念ながら向かって左側の右脇侍の像も碑文も欠損している。
観音像の真下に「D h a m i t r aのO l o i ś p a r aへの供物」とあり、阿弥陀像の真下に
「BudhamitraのAmridaaへの供物」にあることから考えると、兄弟もしくは縁者がそ
れぞれ仏・菩薩像を寄進したものと考えられる。もし右脇侍の菩薩像が残っていた
ら、そこには、三番目の人物がその菩薩へ供えるという類似の文があったはずであ
る。従って、この碑銘は、真上の座像と関連付けて、上のように解釈すべきで86、
Oloiśparaを地名ととり、座像との関係を無視して、“Gift of Dhamitra at Oloispare for
the immortality of Buddhamitra”と訳すSalomon氏とSchopen氏の解釈87は間違いである
と筆者は考える。88
83 Brough 1982, Fussman 1999, Salomon/Schopen 2002, 岩松 2006, 宮治 2010: 141f., 山中 2010など。写真
はDavidson 1968: 23, fig. 23; Salomon/Schopen 2002: 4f.などにある。
84 Dhamitraという人名は、別の菩薩像の銘文に現れる。平山郁夫シルクロード美術館(山梨県)所蔵
の、右手人差し指を額に当て、蓮華を手にした半跏思惟像──おそらく観音像──(下の写真を参
照)の台座に、dhamitrasa ṇavakarmu(以下破損; “建築監督のDhamitraの”)とある(定方 2006; 田辺
2007: 104~106; Falk 2010a: 94)。同一人物の可能性はある。
85 Amridaaという語形は、Amitābhaのガンダーラ語形Amitaha/*Amidaha(おそらく*Amida’aと発音され
た)をamṛta(“不死、甘露”)と結びつけて解釈した形であろう。
86 Broughは“The Avalokiteśvara of Buddhamitra, a sacred gift, the Amṛtābha of Buddhamitra...”と訳し(1982:
67)、Fussmannは“Don de Buddhamitra, Avalokiteśvara; de Buddhamitra, Amitābha...”と
訳している(1999: 543)。
87 Salomon/Schopen 2002:27. Fussman氏(2004: 858)は、Oloiśparaを地名と見るSalomon/Schopenの解釈
に反対した。Falk氏(2010a: 95)は、Oloiśparaを「観音寺」の様な寺の名前と見る折衷案を出したが、
それではAmridaeの説明がつかない。なお、岩松浅夫氏の「Dhamitra[Dharmamitra]による「観自在
(者)」の[像の]奉献物。Budhamitraの涅槃に資するように」(岩松 2006)という奇妙な解釈も座像
との関連を無視している。
88 この筆者の考えを、2008年に共同研究のために国際仏教学高等研究所に滞在したSalomon氏に伝え
た。最初は、ガンダーラの像の下にその像の内容を示す銘文の例はないといって認めなかったが、筆
者がそういう例を示すと、筆者の考えを受け入れた。2013年に村上真完氏も筆者と同様の考えを発表
していること(村上 2004: 22~24; Murakami 2008: 127~131)をご本人から教えて頂いた。同氏に感謝す
る。ただ、DhamitraをBudhamitraのBuが欠損していると見たり、明らかにAmridaeとあるところを不鮮
明な写真に拠らざるを得なかったBroughの読みに従ってAmridahaと見るのは間違っている。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
478
479
↗ Ringling博物館三尊像碑銘 (Salomon/Schopen 2002: 7)
← Ringling博物館三尊像 (Salomon/Schopen 2002: 4)
↙ 平山郁夫シルクロード美術館蔵菩薩思惟像 (田辺 2007: 104)
↓ 松岡美術館蔵菩薩思惟像 (『館蔵古代東洋彫刻』松岡美術館 1994, p. 16)
↘ Renzo Freschi – Oriental Art所蔵菩薩思惟像 (Freschi 2000: 47)
!BudhamitraのAmridaaへの"供物#$%!DhamitraのOloi!paraへの供物$
480
 Ringling博物館所蔵の三尊像の半跏思惟像が、その下の碑銘が示すようにOloiśpara
すなわち観音であるなら、同様に思念する姿をしたガンダーラの半跏思惟像は、観
音を描いたものであり、上で見た“念を見る者”という解釈と関係しているのではな
いかと思う。
  なお、Schopen氏はガンダーラに数多く見られる半跏思惟像89を在家供養者像と考
え、根本説一切有部文献に出るkare kapolaṃ dattvā cintāparo vyavasthitaḥという表現
に結びつけて解釈している90。しかし、この文は「頬杖をついて物思いに耽ってい
る」という意味である。氏はkapolaが額を意味すると書いているが91、筆者が知る限
るその様な用例はない。kapolaは頰の意味しかない。半跏思惟像と上の表現とを結
89 現在までにガンダーラで見つかった単独の半跏思惟像の作例は十五例ほどあるという。宮治 2013:
49~50.
90 Schopen 2000: 84.
91 Schopen 2000: 84.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
479
480
481
びつける解釈は、「望文生義」の典型的な例あり、明らかな間違いである。92
(7) Avalokitasvaraの原意は不明
 《普門品》の偈頌が成立した地方の言語(おそらくガンダーラ語)では、この救済
者の名前*Oloki( t )aspara , *Oloki( t )aśparaあるいはAvaloki tasvaraのspara ,
śpara ,svaraは“声”とも“念”とも解釈でき、偈頌の作者は“念を見るもの”と理解して
いただろう。しかし、時代が下がって、svaraが“念”を意味するということがもはや
分からなくなったとき、このsvaraを文字どおり“声”と理解するようになったのでは
ないだろうか。それが《普門品》散文部分に見られる解釈であり、「闚音」「現音
聲」「光世音」「觀世音」と訳した漢訳者たちの理解でもある。
  偈頌の作者が、Avalokitasvaraを“念を見るもの”と理解していたことまでは推定
できても、その原義が本当に“念を見るもの”であったかは筆者には確信がない。仏
教が進出した土地に土着の信仰の対象を仏教に取り入れて、名前を梵語らしくした
可能性が大いにある。その場合、梵語や中期インド語の知識で原意を推定すること
すら、すでに間違いである。筆者が上に縷々述べてきたことも、Avalokitasvaraと
いう語の解釈の歴史に過ぎないのであり、その原義はなおも二千年の星霜のヴェィ
ルに包まれたままである。
最後に
  上で述べたように、《般若経》はその核となる思想が他の地域であったのであ
れ、今の経典の姿を取るのは、ガンダーラ地方であった可能性が高いのである。阿
弥陀信仰、観音信仰も同じガンダーラ地方で成立したことが分かる。初期大乗仏典
の成立と展開を明らかにするためには、さらなるガンダーラ語写本の発見を待ちつ
つ、すでに発見されたガンダーラ語写本および漢訳古訳経典の文献学的研究を着実
に進め、その確実な基盤の上に、文献と考古・美術の総合的研究を行う必要があ
る。今日、アメリカや日本では、文献学の訓練なしにテキストを拾い読みして、大
乗仏典の成立に関して論文を書く風潮がある。このような憶測、類推(speculation)、
仮説に基づく研究にとりあえず終止符を打ち、目の前にある紀元後一、二世紀に遡
る新出ガンダーラ語大乗仏典写本および古訳経典の文献学的研究が喫緊の課題だと
いえる。
引用文献、略号・記号表
AAA = Abhisamayālaṃkār’ālokā Prajñāpāramitāvyākhyā: The Work of Haribhadra, together with
the text commented on, ed. U. Wogihara, Tokyo 1932: The Toyo Bunko; reprint:
Tokyo 1973: Sankibō Busshorin.
AG-GL = Gāndhārī London Anavataptagāthā = Salomon 2008
Allon, Mark
2001 Three Gāndhārī Ekottarikāgama-Type Sūtras, British Library Kharoṣṭhī Fragment 12
92 袴谷氏(2002)も同じ間違いを犯している。宮治 2004: 15~16, 田辺 2011: 52~78を参照。
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
480
481
482
and 14, Seattle and London: University of Washington Press (Gandhāran Buddhist
Texts 2).
Allon, Mark and Richard Salomon
2000 “Kharoṣṭhī fragments of a Gāndhārī version of the Mahāpariṇirvāṇa-sūtra”, in:
Manuscripts in the Schøyen Collection I, Buddhist Manuscripts, vol. I, ed. Jens
Braarvig et al., Oslo: Hermes Publishing, pp. 243~273.
Anālayo
2010 The Genesis of the Bodhisattva Ideal, Hamburg: Hamburg University Press (Hamburg
Buddhist Studies 1). (http://www.buddhismuskunde.uni-hamburg.de/fileadmin/pdf/
publikationen/ HamburgUP_HBS01_Analayo.pdf)
ARIRIAB = Annual Report of The International Research Institute for Advanced Buddhology at
Soka University『創価大学・国際仏教学高等研究所年報』
AS = Aṣṭasāhasrikā Prajñāpāramitā with Haribhadra’s Commentary called Āloka, edited by P.L.
Vaidya, Darbhanga: The Mithila Inst. of Post-Graduate Studies and Research in
Sanskrit Learning, 1960 (Buddhist Sanskrit Texts, no. 4)
Bailey, Harold Walter
1946 “Gāndhārī”, in: Bulletin of the School of Oriental and African Studies 11: 764~797.
Baums, Stefan
2009 A Gāndhārī Commentary on Early Buddhist Verses: British Library Kharoṣṭhī
Fragments 7, 9, 13 and 18, PhD Dissertation. University of Washington.
BHS = Buddhist Hybrid Sanskrit
BL16+25 = Gāndhārī manuscript of Previous-Birth Stories (ed. Lenz 2003)
Brough, John
1962 The Gāndhārī Dharmapada, London : Oxford University Press (London Oriental
Series, vol. 7).
1982 “Amitābha and Avalokiteśvara in an inscribed Gandhāran sculpture”, in: Indologica
Taurinensia, X, pp. 65~70 (= 1996: 469~473).
1996 Collected Papers, edited by Minoru Hara and J. C. Wright, London: School of Oriental
and African Studies, University of London.
CDIAL  =  R. L. Turner, A Comparative Dictionary of the Indo-Aryan Languages, London 1973 (1st
ed. 1966): Oxford University Press.
CKD = Corpus of Kharoṣṭhī Secular Documents from Central Asia (Seattle, 2004~) http://
gandhari.org/ a_documents.phpを見よ
CKI = Corpus of Kharoṣṭhī Inscriptions (Seattle, 2004~) http://gandhari.org/a_inscriptions.phpを見

CKM = Corpus of Kharoṣṭhī Manuscripts (Seattle, 2004~) http://gandhari.org/a_manuscripts.phpを
見よ
Coblin, W. South
1983 A Handbook of Eastern Han Sound Glosses, Hong Kong: The Chinese University Press.
CPD = A Critical Pāli Dictionary, begun by V. Trenckner, ed. D. Andersen et al., Copenhagen,
Bristol, 1924~2011.
Damsteegt, Theo
1978 Epigraphical Hybrid Sanskrit: Its Rise, Spread, Characteristics and Relationship to
Buddhist Hybrid Sanskrit, Leiden: Brill (Orientalia Rheno-traiectina 23).
Davidson, Joseph Leroy
1968 Art of the Indian Subcontinent from Los Angeles Collections, Los Angels: UCLA Art
Council : UCLA Art Galleries : W. Ritchie Press.
Dhp-GK = Gāndhārī Khotan Dharmapada (ed. Brough 1962)
EĀ-G = Gāndhārī Ekottarikāgama (ed. Allon 2001)
EH = Coblin(1983)による後漢(Eastern Han)代(A.D. 25-220)の推定漢字音
Falk, Harry
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
481
482
483
1993 Schrift im alten Indien: Ein Forschungsbericht mit Anmerkungen, Tübingen: Gunter
Narr Verlag (ScriptOralia 56).
2004 “Six Early Brāhmī Inscriptions from Gandhāra”, in: Università degli Studi di Napoli
“L’Orientale”, Annali 64: 139~155.
2010 “Signature Phrases, Azes Dates, Nakṣatras and Some New Reliquary Inscriptions from
Gandhāra”, ARIRIAB第13号: 13~33.
2010a “Named Sanctuaries and another Fire-hall in Gandhāra”, in: Pakistan Heritage
(Research Journal of the Department of Archaeology School of Cultural Heritage &
Creative Technologies, Hazara University, Mansehra, Pakistan), vol. 2 (2010): 93~98.
Falk, Harry and Seishi Karashima
2012 “A first-century Prajñāpāramitā manuscript from Gandhāra – parivarta 1 (Text from
the Split Collection 1)”, ARIRIAB第15号: 19~61 + plates 5~7.
2013 “A first-century Prajñāpāramitā manuscript from Gandhāra – parivarta 5 (Text from
the Split Collection 1)”, ARIRIAB第16号: 97~169 + plates 52~53.
Franco, Eli
2004 The Spitzer Manuscript: the Oldest Philosophical Manuscript in Sanskrit, 2 vols. Wien
2004: Osterreichischen Akademie der Wissenschaften (Osterreichische Akademie der
Wissenschaften, Philosophch-Historische Klasse Denkschriften, Denkschriften 323).
Freschi, Renzo
2000    L’arte del Gandhāra: The art of Gandhāra, Milano: La Galleria Renzo Freschi Oriental
Art.
藤田宏達
1970    『原始浄土思想の研究』東京: 岩波書店.
2011 The Larger and Smaller Sukhāvatīvyūha Sūtras: 梵文無量寿経, 梵文阿弥陀経, 京都:
法蔵館.
Fussman, Gérard
1986 “Documents épigraphiques kouchans (IV) : Ajitasena, père de Senavarma”, in: Bulletin
de l’École française d’Extrême-Orient 75: 1~14.
1999 “La Place des Sukhāvatī-vyūha”, in: Journal Asiatique 287: 523~86.
2004 “Histoire du monde indien: Cours : Histoire des religions anciennes de l’Afghanistan,
et plus spécialement du bouddhisme. Séminaire : Documents bouddhiques
d’Afghanistan et des pays avoisinants”, Annuaire 2002-2003, 847~861 (http://
www.college-de-france.fr/media/gerard-fussman/UPL25181_gfussman.pdf)
Gā = Gāndhārī ガンダーラ語
Glass, Andrew
2000       A Preliminary Study of Kharoṣṭhī Manuscript Paleography, MA thesis. Department of
Asian Languages and Literature, University of Washington.
Gv = Gaṇḍavyūha, ed. Daisetz Teitarō Suzuki, Hōkei Idzumi, Kyoto 1934~36: The Sanskrit
Buddhist Texts Publishing Society; New rev. ed. Kyoto 1949: The Society for the
Publication of Sacred Books of the World.
Gv(V) = Gaṇḍavyūhasūtra, ed. P. L. Vaidya, Darbhanga 1960: The Mithila Inst. of Post-Graduate
Studies and Research in Sanskrit Learning (Buddhist Sanskrit Texts, No. 5).
袴谷憲昭
2002    「弥勒菩薩半跏思惟像考」『木村清孝博士還暦記念論集 東アジア仏教──そ
の成立と展開』東京:春秋社, pp. 449~462.
Hinüber, Oskar von
1989 Der Beginn der Schrift und frühe Schriftlichkeit in Indien, Mainz, Wiesbaden 1989: F.
Steiner Verlag (Abhandlungen der Akademie der Wissenschaften und der Literatur,
Geistes- und Sozialwissenschaftliche Klasse, Jahrgang 1989, Nr. 11).
2003 Beiträge zur Erklärung der Senavarma-Inschrift. Akademie der Wissenschaften und der
Literatur, Abhandlungen der geistes- und sozialwissenschaftlichen Klasse, Jahrgang
2003, Nr. 1. Stuttgart: Franz Steiner Verlag.
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
482
483
484
IBInsc = 塚本啓祥『インド仏教碑銘の研究』 I Text, Note, 和訳; II 索引・図版; III パキスタ
ン北方地域の刻文, 京都: 平樂寺書店
岩松浅夫
2006 「amridaha/amridae銘像は果して阿弥陀仏を表すに非ざるか: ガンダーラ彫刻の
一碑銘の解釈をめぐって」,『印度學佛教學研究』54(2):1036~1028.
Ji, Xianlin 季羨林
1998 「吐火罗文《弥勒会见记》译释」『季羡林文集』第11巻, 南昌:江西教育出版
社.
梶山雄一
1976 『般若経––空の世界––』東京:中央公論社(中公新書 422).
Karashima, Seishi 辛嶋静志
1992 The Textual Study of the Chinese Versions of the Saddharmapuṇḍarīkasūtra–––– in the
light of the Sanskrit and Tibetan Versions, 東京:山喜房佛書林.
1994 『「長阿含経」の原語の研究–––音写語分析を中心として–––』東京:平河出版
社.
1999 「法華経の文献学的研究(二)––– 観音Avalokitasvaraの語義解釈」ARIRIAB第
2号: 39~66.
2008 “An Old Tibetan Translation of the Lotus Sutra from Khotan: The Romanised Text
Collated with the Kanjur Version (4)”, ARIRIAB第11号:177~301 + 21 plates.
2010 「阿弥陀浄土の原風景」『佛教大学総合研究所紀要』第十七号: 15~44.
2011 A Critical Edition of Lokakṣema’s Translation of the Aṣṭasāhasrikā Prajñāpāramitā 道
行般若經校注, Tokyo 2011: International Research Institute for Advanced
Buddhology, Soka University (Bibliotheca Philologica et Philosophica Buddhica XII).
2011a 「利用“翻版”研究中古漢語演變:以《道行般若經》“異譯”與《九色鹿經》為
例」『中正大學中文學術年刊』第十八期(2011), pp. 165~188.
2013 “On Amitābha, Amitāyu(s), Sukhāvatī and the Amitābhavyūha”, in: Evo ṣuyadi: Essays
in Honor of Richard Salomon’s 65th Birthday, ed. Carol Altman Bromberg, Timothy
J. Lenz, and Jason Neelis, Bulletin of the Asia Institute, New Series, vol. 23 (2013),
pp. 121~130.
2014 「初期漢訳仏典の言語の研究–支婁迦讖訳と支謙訳の対比を中心として–」『奥
田聖應先生斯学50年記念論集』(待刊)
Kho = Khotanese コータン語
Konow, Sten
1929 Kharoshṭhī Inscriptions with the Exception of Those of Aśoka. Corpus Inscriptionum
Indicarum, Vol. II, Part I. Calcutta: Government of India Central Publication Branch.
Krsh 2010 = Seishi Karashima, A Glossary of Lokakṣema’s Translation of the Aṣṭasāhasrikā
Prajñāpāramitā 道行般若經詞典, Tokyo 2010: The International Research Institute
for Advanced Buddhology at Soka University (Bibliotheca Philologica et
Philosophica Buddhica XI)
Lee, Mei-huang
2009 A Study of the Gāndhārī Dārukkhandhopamasutta (“Discourse on the Simile of the
Log”), PhD Dissertation. University of Washington.
Lenz, Timothy
2003 A New Version of the Gāndhārī Dharmapada and a Collection of Previous-Birth
Stories: British Library Kharoṣṭhī Fragments 16 + 25, Seattle: University of
Washington Press (Gandhāran Buddhist Texts 3).
Lüders, Heinrich
1911 “Das Śāriputraprakaraṇa, ein Drama des Aśvaghoṣa”, in: Sitzungsberichte der
königlich preussischen Akademie der Wissenschaften, Sitzung der philosophischhistorischen Klasse XVII (1911), pp. 338~386 (repr.: Lüders, Philologica Indica:
Ausgewählte Kleine Schriften, Göttingen 1940: Vandenhoeck & Ruprecht, 190~213).
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
483
484
485
Maggi, Mauro
2004 “The Manuscript T III S 16: its Importance for the History of Khotanese Literature”, in:
Turfan Revisited: the First Century of Research into the Arts and Cultures of the Silk
Road, ed. D. Durkin-Meisterernst et al., Berlin: Dietrich Reimer Verlag, pp. 184~190.
MC = Middle Chinese (表記方法はCoblin 1983: 41に準拠する)
Md = Chandrabhāl Tripathi, “Gilgit Blätter der Mekhalā-dhāraṇī”, Studien zur Indologie und
Iranistik 7 (1981), pp. 153~161.
MI = Middle Indic 中期インド語
宮治 昭
2004 「大乗仏教の興起とガンダーラ美術  ショペンの著作を読んで」『春秋』No.
459 (2004.6), 東京:春秋社, pp. 13~16.
2010 『インド仏教美術史論』東京:中央公論美術.
2013    『仏像学入門 ほとけたちのルーツを探る』(増補版): 東京:春秋社.
MPS-G = Gāndhārī Mahāpariṇirvāṇa-sūtra (ed. Allon/Salomon 2000)
Murakami, Shinkan 村上真完
2004 「大乗仏教の起源」『インド学チベット学研究』第7・8号(2004), pp. 1~32.
2008 “Early Buddhist Openness and Mahāyāna Buddhism”, in: Nagoya Studies in Indian
Culture and Buddhism: Saṃbhāṣā 27 (2008): 109~147.
Nakanishi, Maiko and Oskar von Hinüber
2014 Kanaganahalli Inscriptions, ARIRIAB第17号, Supplement.
Nasim Khan = Nasim Khan 2008
Nasim Khan, M.
1997 “An Inscribed Relic-Casket from Dir”, The Journal of Humanities and Social Sciences
5: 21~33.
2008 Kharoṣṭhī Manuscripts from Gandhāra, Department of Archaeology, University of
Peshawar.
Nid-GL = Gāndhārī Verse Nideśa (ed. Baums 2009)
Norman, Kenneth Roy
1992 “The development of writing in India and its effect upon the Pāli canon”, in: Wiener
Zeitschrift für die Kunde Südasiens 36, Supplementband: 239~249 (= Norman,
Collected Papers, V, Oxford: The Pali Text Society, pp. 247~261).
2006 A Philological Approach to Buddhism, 1997: London; 2nd ed., Lancaster 22006: The
Pali Text Society.
Pā = Pāli
Sadakata, Akira 定方 晟
1996 “Inscriptions kharoṣṭhī provenant du marché aux antiquités de Peshawar”, in: Journal
Asiatique 284: 301~324.
2006 「寄進者ダミトラ」『東海大学名誉教授会年報』創刊号(2006): 78~82.
Salomon, Richard
1995 “A Kharoṣṭhī Reliquary Inscription of the Time of the Apraca Prince Viṣṇuvarma”, in:
South Asian Studies 11: 27~32.
1995a “On The Origin Of The Early Indian Scripts: A Review Article”, in: Journal of the
American Oriental Society 115.2 (1995): 271~279.
1998 Indian Epigraphy. A Guide to the Study of Inscriptions in Sanskrit, Prakrit, and the
Other Indo-Aryan Languages, New York: Oxford University Press (South Asia
Research).
2003 “The Senior Manuscripts: Another Collection of Gandhāran Buddhist Scrolls.” Journal
of the American Oriental Society 123: 73~92.
2008 Two Gāndhārī Manuscripts of the Songs of Lake Anavatapta (Anavatapta-gāthā):
British Library Kharoṣṭhī Fragment 1 and Senior Scroll 14, Seattle and London,
University of Washington Press (Gandhāran Buddhist Texts, Vol. 5).
Salomon, Richard and Gregory Schopen
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485
484
485
2002 “On an Alleged Reference to Amitābha in a Kharoṣṭhī Inscription on a Gandhāran
Relief”, in: Journal of the International Association of Buddhist Studies, vol. 25, No.
1-2: 3~31.
Samādh(D) = Samādhirājasūtra, in: Gilgit Manuscripts, vol. II, ed. Nalinaksha Dutt, Calcutta 1953;
Delhi 21984: Sri Satguru.
Samādh(V) = Samādhirājasūtra, ed. P.L. Vaidya, Darbhanga 1961: The Mithila Inst. of PostGraduate Studies and Research in Sanskrit Learning (Buddhist Sanskrit Texts, No. 2).
Sander, Lore
2000 “Fragments of an Aṣṭasāhasrikā manuscript from the Kuṣāṇa peiod”, in: Manuscripts in
the Schøyen Collection I, Buddhist Manuscripts, vol. I, ed. Jens Braarvig et al., Oslo
2000: Hermes Publishing, pp. 1~51.
2000 “A Brief Paleographical Analysis of the Brāhmī Manuscripts in Volume I”, do., pp.
285~300.
Schmithausen, Lambert
2000 “Buddhism and the Ethics of Nature –– Some Remarks”, in: The Eastern Buddhist,
New Series, vol. 32, No. 2(2000): 26~78.
Schopen, Gregory
2000 『大乗仏教興起時代  インドの僧院生活』グレゴリー・ショペン著,小谷信千
代訳,東京:春秋社.
Skt = Sanskrit
SP(KN) = Saddharmapuṇḍarīka, ed. Hendrik Kern and Bunyiu Nanjio, St. Petersbourg 1908~12:
Académie Impériale des Sciences (Bibliotheca Buddhica X); reprint: Tokyo 1977:
Meicho-Fukyū-Kai.
T = 《大正新修大藏經》高楠順次郎・渡邊海旭都監,100冊,東京 1924~1934年: 大正一切
經刊行會.
田辺勝美
2007    『平山コレクション ガンダーラ佛教美術』東京: 講談社.
2011 「アフガニスタン北部、オクサス流派の石灰岩製彫刻の研究―近年我が国に請
来された作品の紹介と二,三の図像学的問題を中心に―」梅村坦・新免康編
『中央ユーラシアの文化と社会』中央大学出版部(中央大学政策文化総合研究
所研究叢書 12), pp. 3~95.
Witzel, Michael
2011 “Gandhāra and the formation of the Vedic and Zoroastrian canons”, in: Travaux de
Symposium international: Le livre. La Roumanie. L’Europe: Troisième édition—20 à
24 Septembre 2010, vol. 3, Études Euro- et Afro-Asiatiques. Edited by Florin Rotaru,
Marian Nencescu and Iulia Macarie, Bucharest: Éditeur Bibliothèque de Bucarest, pp.
490~532. (http://bibmet.ro/Uploads//9_2011/121915.pdf)
Yamada, Isshi
1968 Karuṇāpuṇḍarīka: Edited with Introduction and Notes, London: School of Oriental and
African Studies, University of London, 2 vols.
山中行雄
2010 「ガンダーラにおける阿弥陀信仰についての一考察」『佛教大学総合研究所紀
要』17: 115~126.
吉田豊
2005 『コータン出土8−9世紀のコータン語世俗文書に関する覚え書き』神戸市外
国語大学外国学研究所(神戸市外国語大学 研究叢書 第38冊).
< = 音法則的変化を示す。例えば、中期インド語ratana < 梵語ratna
~ = 梵語の語幹。例えば、dharma~
* = 文献には見えないが理論上推定された語形であることを示す:例*snāru
PDF Version: ARIRIAB XVII (2014), 449–485

PDF Document reader online

This website is focused on providing document in readable format, online without need to install any type of software on your computer. If you are using thin client, or are not allowed to install document reader of particular type, this application may come in hand for you. Simply upload your document, and Docureader.top will transform it into readable format in a few seconds. Why choose Docureader.top?

  1. Unlimited sharing - you can upload document of any size. If we are able to convert it into readable format, you have it here - saved for later or immediate reading
  2. Cross-platform - no compromised when reading your document. We support most of modern browers without the need of installing any of external plugins. If your device can oper a browser - then you can read any document on it
  3. Simple uploading - no need to register. Just enter your email, title of document and select the file, we do the rest. Once the document is ready for you, you will receive automatic email from us.

Previous 10

Next 10